オペラ

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァアルト作曲

東京二期会オペラ劇場 平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

オペラ

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァアルト作曲

「魔笛」 オペラ全二幕

東京二期会オペラ劇場 平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

財団法人東京二期会

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2007/07/26 (木) ~ 2007/07/29 (日) 公演終了

上演時間:

日本の狩衣をつけた王子タミーノが大蛇に追われて気を失うと、夜の女王に仕える3人の侍女が彼を助け、王子のことを報告しに女王のもとへ去る。そこへパパゲーノが現れ、王子を助けたのは自分だと王子に嘘をついて自慢してみせる。パパゲーノの語源は古代フランス語で鸚鵡のこと。物語の中では鳥刺(鳥を捕まえる者)...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/26 (木) ~ 2007/07/29 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出 実相寺昭雄
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 15,000円
【発売日】
一般料金 S¥15,000- A¥12,000- B¥9,000- C¥7,000- D¥5,000-
愛好会料金 S¥14,000- A¥11,000-
学生 ¥2,000-

子供 ¥5,000-
*鑑賞なさる保護者と同行の小・中学生が鑑賞する場合の料金です。子供席のみのお買い求めはできません。

*学生席と子供席は二期会チケットセンターのみのお取扱いとなります。
サイト

http://www.nikikai.net/lineup/mateki/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本の狩衣をつけた王子タミーノが大蛇に追われて気を失うと、夜の女王に仕える3人の侍女が彼を助け、王子のことを報告しに女王のもとへ去る。そこへパパゲーノが現れ、王子を助けたのは自分だと王子に嘘をついて自慢してみせる。パパゲーノの語源は古代フランス語で鸚鵡のこと。物語の中では鳥刺(鳥を捕まえる者)で、高貴な王子タミーノとは対照的な陽気で弱虫、身近な存在として描かれる。
侍女たちが戻り、王子は、夜の女王の娘、パミーナがザラストロにさらわれたことを知らされる。パミーナの肖像に一目ぼれした王子は彼女の救出へと向かい、嘘がばれてとっちめられたパパゲーノは王子のお供を命じられる。 3人の童子に導かれ、ザラストロの神殿に到着してみると、ザラストロは実は聖人で、パミーナは無事だった。しかし、タミーノがパミーナと結ばれるためには試練を受けなければならず、パパゲーノとともに沈黙の試練に挑む。侍女たちが二人を誘惑しようとするがかなわず、夜の女王はパミーナに「ザラストロを殺せ!」と命じるが失敗に終わる。魔法の笛に守られながら、タミーノはパミーナと共に火と水の試練に打ち勝ち、聖なる仲間に加えられ、パパゲーノも最終的にパパゲーナというかわいいパートナーを得て、pa pa paの二重唱で生の喜びを歌う。「不正と闇は去り、賢き者に栄えあれ」。
パミーナに邪心を抱いていたモノスタトスは夜の女王側に寝返り、ともに復讐を試みるが落雷と共に打ち砕かれると、太陽の世界が現れ人々は叡智と神々をたたえる。
その他注意事項
スタッフ 台本: エマヌエル・シカネーダー
日本語台詞: 実相寺昭雄
歌唱は原語(ドイツ語)上演(字幕付)
作曲: ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
指揮: 高関 健
演出: 実相寺昭雄
演出助手: 伊藤隆浩 勝賀瀬重憲
装置: 唐見 博
衣装: 加藤礼次朗
照明: 牛場賢二
合唱指揮: 森口真司
舞台監督: 幸泉浩司
公演監督: 三林輝夫
合唱: 二期会合唱団
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2007/07/03 12:12 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/07/03 14:35 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大