舞踊・バレエ

「藝術中心◉カナリヤ条約」オープニング・フェスティバル参加公演

ウラナチプロデュース TRIP

デザイン:山崎民子/永田恵理

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

「藝術中心◉カナリヤ条約」オープニング・フェスティバル参加公演

ウラナチプロデュース TRIP

ウラナチ

藝術工場◉カナリヤ条約(大阪府)

2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日) 公演終了

上演時間:

<特別公演>
岩下徹×松島誠 『Silent Night』

ロウソクの灯りだけの心地よく、そして過酷な空間
即興ダンスの可能性を追求する二人によるソロ&セッション公演

11月25日(金)19時30分開演 (開場は開演の30分前)

1:松島誠ソロ
2:岩下徹ソロ
3:岩...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日)
劇場 藝術工場◉カナリヤ条約
出演 岩下徹、松島誠、橋本礼、豊田智子、宮田圭洋、岸昆虫
演出
振付
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】
前売2500円、当日3000円
(特別公演+本公演のセット券3800円[前売のみ])
サイト

http://home.att.ne.jp/banana/so1/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <特別公演>
岩下徹×松島誠 『Silent Night』

ロウソクの灯りだけの心地よく、そして過酷な空間
即興ダンスの可能性を追求する二人によるソロ&セッション公演

11月25日(金)19時30分開演 (開場は開演の30分前)

1:松島誠ソロ
2:岩下徹ソロ
3:岩下徹×松島誠セッション

会場 藝術中心◉カナリヤ条約
料金 前売2500円、当日3000円
(特別公演+本公演のセット券3800円[前売のみ])

終演後、ク・ビレ邸にて交流会を開きます。


<本公演>
11月26日(土)19時開演 11月27日(日)13時開演/17時開演
(開場は開演の30分前)

1:松島誠 『ハネジイ'11(duo ver.)』
ガルシア・マルケスの「大きな翼を持ったひどく年老いた男」と今はなき新宿サクラヤTV売り場のモニター前を歩くある老人に触発された作品。わたしたちに翼は必要か?
2006年台北クーリンチェ劇場初演。2011年、オリジナルのトリオ作品からデュエット作品へモディファイ。

振付/出演 松島誠
出演 橋本礼
音楽 菅谷昌弘

2:ウラナチ 『電人Bさんの完全犯罪』
その罪はどこから来たのか
そもそもそれは本当に罪なのだろうか
わたしはいつも間違える
でも有罪判決を受けるのはいつもわたし以外の他人
わたしの罪は罪であると認識されないがゆえに完全犯罪となる

演出/美術/出演 岸昆虫
音楽/出演 tongaton meeting/かつふじたまこ
照明/出演 廣瀬良二
出演 ヨロコブル(豊田智子/宮田圭洋)
美術 吉川誠司(TOOP design works)

会場 藝術中心◉カナリヤ条約
料金 前売2500円、当日3000円
(特別公演+本公演のセット券3800円[前売のみ])

26日の公演後、ク・ビレ邸にて交流会を開きます。


<展示>
11月25日(金)18時~22時
11月26日(土)18時~22時
11月27日(日)12時~20時
出展者 永田恵理/セラツヨシ/ウラナチ
会場 ク・ビレ邸
観覧無料


フライヤー絵画 永田恵理
フライヤー/ウェブデザイン 山崎民子
企画/制作 ウラナチ

チケット予約
*ウェブ予約 「ウラナチ」で検索→[ウラナチTOP]→[予約フォーム]
*ウラナチ 090-6130-4168
*ク・ビレ邸 06-7492-7504(18:00~23:00)
※当日受付でのご精算になります。
※特別公演・本公演とも、受付はインフォメーション・センター「ク・ビレ邸」で行います。各回開演の1時間前から受付を開始します。北加賀屋駅4番出口からク・ビレ邸まで徒歩約1分。ク・ビレ邸から公演会場のカナリヤ条約まで徒歩約5分です。開演直前は混雑する場合がありますので、早めのご来場をお勧めします。
ク・ビレ邸では美術家による展示も行っております(観覧無料)。開演前・終演後にぜひご覧ください。
その他注意事項
スタッフ 参加アーティストプロフィール

■岩下徹
舞踊家。国際的な舞踏集団<山海塾>舞踏手。ソロ活動では<交感(コミュニケーション)としての即興ダンス>の可能性を追求。1957年東京生まれ。82~85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、83年ソロ活動開始。かつて精神的危機から自分のからだを再確認することで立ち直ったという経験を原点とするソロダンスは、等身大のからだひとつで立つことから始まり、場との交感から生まれる即興として踊られる。1989年より滋賀県・湖南病院(精神科)で看護スタッフと共に「ダンスセラピーの試み」を継続中。日本ダンスセラピー協会顧問。京都造形芸術大学客員教授。桜美林大学非常勤講師。

■松島誠
1964年静岡県沼津市に生まれる。野山を駆け巡る、寂しがりやで孤独が好きな少年期。上京し現代美術と内燃機関の探求に明け暮れた学生時代。大学在学中からパパ・タラフマラに参加。パフォーマー・舞台美術家として23年在籍。現在フリーのパフォーマー、演出家。2005~2008年杉野服飾大学先端ファッション表現科講師。2008、2010年韓国国立総合芸術大学舞踊学科客員教授。自転車技師・整備士でもある。

■橋本礼
福島県いわき市出身。大学在学中より踊り始め、自作品を発表。2005年より「パパ・タラフマラ」へ入団し、国内外の公演に参加。2009年よりダンスパフォーマンスグループ「ハポネンズ」立ち上げ活動中。「ハネジイ」には、初演より参加。

■tongaton meeting
音楽を中心に色々な人や場所、文化との交流をゆるりと楽しんでいる不特定人数のグループ。
持ち寄る楽器は弦楽器や打楽器、電子楽器に手作り楽器、はたまたノコギリなど多種多様。
今回の参加はO(オー)、okada hirokata、青池茉由子、大野眞風の4人。
我が心のトンガトン(blog) http://tongaton.blog116.fc2.com/

■かつふじたまこ
日常や非日常で、聞こえたり聞こえなかったりした音に耳を澄ませ、 拾い集め紡ぎ出す。そうして作られた音作品は、日常のとなりのちょっとへんてこな世界を表現する。今回は、ピアニカや、楽器じゃないいろんなものを携えて、ウラナチに初挑戦!どんな音が出てくるかしら!?
http://www.geocities.jp/hello_tsukineco/

■廣瀬良二
2002 役者として舞台活動を始める
2004 舞台照明のデザインを始める
2006 岸昆虫演出の舞台にパフォーマとして参加、ウラナチの舞台に関わり始める
現在 関西小劇場を中心に芝居・ダンス・コントの舞台など各公演の舞台照明を担当

■ヨロコブル(宮田圭洋/豊田智子)
宮田圭洋 役者/詩人。1979年、石川県生まれ。2007年、劇団パンと魚の奇跡を旗揚げ。全ての世代に向けたファンタスティックな演劇をおもてなしの心で創作している。
豊田智子 役者。2003年から2007年までウラナチの全作品に参加。その後、フリーで活動。コメディ作品や身体パフォーマンスなど、さまざまな舞台に出演する。幅広く演じ分けられる役者を目指す。最近の関心事は、日本語、将棋、手話。

■吉川誠司
TOOP design works代表。家具、雑貨等プロダクトのデザイン・製作から、空間デザイン・アートまであらゆるものづくりに取り組む。2005年から大阪港区にある廃ビル加藤汽船にて工房を持ち活動を始め、2010年12月に大阪市立売堀にインテリアと雑貨のお店“Nonius”をオープン。現在は7人のスタッフで、アートイベントや展覧会等への出展も行う。

■永田恵理
兵庫県生まれ。京都嵯峨芸術大学芸術学部観光デザイン学科卒業。主にペンとカラーインク・固形水彩などを交えた混合作品を制作。最近はモデリングペーストとカラーインクを使った作品が多い。
・動物と日常周りにある物の組み合わせのイラスト作品
・日常の経験した出来事・喫茶店などでみたものや人を交えたエッセイ作品
http://knifork-eric.jimdo.com/
Twitter:eric7474

■セラツヨシ
1974年生まれ。島根出身。2000年にシドニーから東京に活動の拠点を移し、現代アートの分野にて制作を続ける。過去に岸昆虫のプロデュース公演に作品を多数提供。『花粉戦争』(1998)、『トランスアンデス~破綻した無謀な』(2003)、『禿の女歌手』(2004)等のフライヤーを手掛ける。

■山崎民子
1977年京都生まれ。大阪市在住。
1997年演劇に出会い、2007年までパフォーマー、制作&裏方として多様な作品に参加。以後はデザイナーとしてフライヤー、Webサイト制作などを担当。
2006年~現在 株式会社プラソルにてWebデザイナー/ディレクター。
<ウラナチ主な参加作品>
「蜃気楼」(2005)「ウキウキペディア」「Kalembour」(2006)出演
「ウキウキペディア」「Kalembour」(2006)「PLANETS」(2007)フライヤーデザイン
Webサイト(2007~)制作

■岸昆虫
身体による絵画制作集団ウラナチ主宰。演劇・ダンス・美術・文学を横断し、偏執的に摂取・調合・配置する狂科学芸術家。ブログ岸昆虫記で、エッセイ・評論・活動記録を執筆中。文章表現と舞台表現が相互に依存し高め合う関係を作り出している。40本以上の演出作品がある。代表作 『Kalembour』(2006)、『PLANETS』(2007)、『100000羽の鳥』(2009)

[情報提供] 2011/11/21 13:52 by konchu

[最終更新] 2012/06/10 22:43 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大