軽快にポンポコと君は 公演情報 軽快にポンポコと君は」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.9
1-20件 / 34件中
  • 満足度★★★★

    ぽんぽこ
    楽しく観劇

  • 満足度★★

    成り下がった印象
    割りとどこにでもありがちな印象を受けました。もっとぶっ飛んだり、特徴的な芝居を期待していたのに・・・


    下北に初進出とのこと。他のゲキダンとは一線違ったものを創ってほしいです、完成度をあげないならば。

  • 満足度★★★★

    元気いっぱい
    ぬいぐるみハンターのお芝居は、明るく楽しく気楽に観れますね。
    神戸さんは相変わらず元気いっぱいで、こちらにもその元気が移ってくるようでした。

  • 満足度★★★★

    2回観ても、まだ観たい!
    池亀さんとは、赤の他人のボクだけど・・・評価が高くて、ホントヨカッタ!笑

    舞台をフルに使って、身体の極限を要求する演出をして、強烈な熱量の芝居を創り続けてきた池亀さん。

    とても的外れで、不遜な物言いだけど・・・誰もが楽しめる作品を創ろうと思えば、いくらでも創れる人なんだと思う。法廷劇や近現代史劇を「馬なり」で創ったら、☆5つが並ぶものを創れるんじゃないかなあ。

    『軽快にポンポコと君は』が、馬なり(7割くらいの力)で作った作品じゃないことは、キッチリと役割を演じていた役者さんを観ればわかる。
    でも、イイ具合に肩の力が抜けていたというか・・・コメディとしても、ファンタジーとしても、楽しめる娯楽作だったなー。

    キャラ設定も、凄く良かった。
    神戸さん&なすびさん両親も良かったけど、兄2人と姉が実にイイんだなあ。
    馬鹿だけど、穴掘りの天才&どんぐりの拾い食い姉ちゃん・・・こんなキャラを思いつくって、簡単なようですっげえ難しい気がするなあ。。。


    バイト君もイイ感じだった。第一印象は悪かったけど(笑)

    いくらでも裏読みできるストーリーも悪くないし(好き嫌いは別にして)。

    あっそうそう。

    「ぽんぽこー」って言おうとは思わないけど、あのボタンは、押したいね。

    てか、自分につけたい(押させないけど)。

    ネタバレBOX

    なすびサイコー!

  • 満足度★★★★

    過去にコメントしたように
    三太さんの作品はあまり好みに思えなかったのですが、
    先輩方の好評なコメントを見て、また今週は公演自体がすくない気がして
    消去法的に見に行ったのですが、結構良かったです。
    ジャポンは池亀さんの代弁者ということでいいですか。

  • 満足度★★★★★

    ポンポコ♪ 文句なく楽しい!
    ポンポコ♪
    なかなか壮大なスケールで笑いもたっぷり!
    ちょっとホロッとさせる部分もあり。
    大好きな神戸さんが弾けまくっていて大満足!

    ほぼ1人で観劇する事が多いのですが、
    めずらしく友人を誘い4人で観劇。
    みんな喜んでいて誘ったかいがありました。

    明日、千秋楽。もう一回観たかったなぁ。

    ネタバレBOX

    神戸さん振り付けのダンスもいいかんじ!
  • 満足度★★★★

    おもしろかった!!ポンポコ
    ぬいぐるみハンターさん 初見だったみたいです。
    あのフライヤーのイメージはよく見かけていたんですけども・・

    大昔は人間と共存していた「ポンポコ」 狸ではないらしいですが・・(笑)

    長い歴史の中で 自ら 地下に潜んで いつか人間に復讐をしようと その時 を待つ ポンポコ一家のお話。。

    BGM それもプチ懐かしいナンバーにあわせてのダンスあり、笑いありの めっちゃスピーディーかつ エネルギッシュなお芝居でしたぁ。

    とにかく 声がデカイ!!

    たちあがりは ばかばかしいー 雰囲気から ただちゃんと伏線も張ってあり ストーリーが進むにつれて ポンポコ側の意識にさせられていきました。。

    ラストの 壮大な シチュエーションに ずっぽしハマっちゃいました。
    ポンポコ を通して 人と人の愛 なんかも感じられた作品でした。

    神戸アキコ ちゃん コントのような笑いもうまいし ダンスのキレもgood いい役者さんでしたねぇ!!

    110分の作品でしたが、中盤からは、時間を感じさせない なかなかのお芝居でした。

  • 観たいトコだけ観ればいい。
    下北沢に移ってもやっぱりわちゃわちゃがちゃがちゃ。いつも通りボーっと観ました。メッセージ性とか、どうなんだろ? 個人的には「くちびるぱんつ」のラスト付近のちょっとしたきゅんな感じと同じくらいに感じましたが。物語を観たい人は物語を観ればいいし、わちゃわちゃしてるの観たい人はそれを観ればいいんじゃないでしょうか。
    新劇団員もきっちりしっかり仕事をこなしていましたね。劇団員になる前からナイスな仕事振りでしたが、それが正解だったと再確認。

    ネタバレBOX

    観たかったけど本山さんの『超超超いい感じ』は自分が最前列で目の前過ぎてつい目を背けちゃった。逆に見たくないのにすげーリス見ちゃった。
  • 満足度★★★★★

    ぽんぽこわず。
    15分椅子に座れるんだったら生きてるうちに見に行った方がいいです!
    観劇が人生で初めてと云う友達をつれてっちゃいました。
    『世界が広がったわ』
    と云われました。
    なんかスケールが大きすぎて、
    キャパ90人と云うハコではもったいないヶド、あそこだからこそ生み出せる夢空間ですね。
    ぬいぐるみハンター2回目なんですヶド、
    あの人達はなんであんなにまでして生きるのか、
    なんであんなことまでして毎公演死なないのか不思議です。
    その不思議を探るべく(?)これからも応援します!ぽんぽこー!

    ネタバレBOX

    心を全裸にして受け止める力さえあれば、彼等は必ず全裸で答えてくれます!(笑)
  • 満足度★★★★

    ぎゅっとおもしろい
    なにか戯画的な作品にも思えるのですが、
    個々の台詞にしても、役者の動きにしても
    ダンスにしても・・・、
    それぞれの持ち味や勢いを削がない範疇で
    絶妙に丁寧に作られている感じがして。

    池亀さんのしたたかさに
    しっかりとつかまってしまいました。

    ネタバレBOX

    観終わってすぐは
    楽しんだ感でいっぱいだったのですが、
    おまけの15mmでの過去公演を見ているうちに、
    池亀さんの今回のキャスティングのしたたかさに気がつく。

    キャリアのある男優たちの使い方が本当にしたたかで、
    彼ら的にステレオタイプな使われ方ではないにもかかわらず、
    彼らの味がしっかりと抽出されている。

    一方比較的若い役者は舞台に勢いを作りつつ
    細微な部分の隠し味もしっかりと仕込んでいく。

    臍のボタンのようなあからさまな伏線にしても
    展開に踏み出しがあるから
    鼻につかず、むしろ腰を据えて得心してしまうし、
    まぬけな展開風な味付けであったとしても
    その間抜けさを裏打ちするような切れがあるから
    ずっと見続けてしまう。

    女優陣のお芝居などにも、
    一歩観る側を前に引っ張るような力があって
    どこか馬鹿なのだけれど、
    新鮮でなおかつ熟達したものを感じる。

    さすがに、走り抜けるには狭い劇場でしたが、
    よしんばそうであっても
    別の角度からの勢いを創り出す
    作り手の腕に舌を巻いたことでした。

    上手く表現できないのが歯がゆいのですが、
    とても素敵にベースをもった引き込まれ方をした。
    べたな言い方だけど、
    ほんと、面白かったです。
  • 満足度★★★

    オトナの童話
    「オトナの童話(←「ファンタジー」でも「寓話」でもなくまさに「童話」)」な前半と家族から世界情勢まで幅広く要素を含みスケールが大きくダイナミックな展開となる後半のコントラストが鮮やか。
    必ずしも全体解決でじゃない結末は(個人的には)微妙だが110分の長さは感じず。
    なお、神戸嬢の母性、浅利嬢の恋するオトメの可愛らしさ、浅見氏の慕われるオトコっぷりが印象的。

  • 満足度★★★

    おしい。
    爆音好きなので音が大きいのは良かったが、
    あまりそれが生かされた作品ではなかった。
    若手劇団の割には脚本がしっかりしているのだが、
    いかんせん役者の技量がついてきていない。
    かといって下手というほどでもないのだが、
    随所になんか惜しい感がでていた。
    みせ方をわかってないのか経験値が足りないのか
    お客が少なかったからのってなかったのか
    わからないが、もっとうまい役者を使ったら違って見えたかも。
    とにかく燃えきらない感じで惜しかった。
    2月に期待。

  • 満足度★★★★

    変化中??
    物語が広がってきたのに、その広がりにしてはラストがちょっと尻すぼみな感じを受けたが、面白くは感じた。
    後、OFFOFFでの公演だからか、劇団化に際してイロイロ変えようとしてるのか、いつもと違う雰囲気は感じた。

  • 満足度★★★★★

    ポンポコー!!
    期待して観にいきましたが、圧倒的に期待以上でした。スピーディすぎてセリフが聞き取れない、なのにオモシロいのがぬいぐるみハンターのスゴいところ。ぜひともDVD化してほしい。改めてぬいハンが好きになった。今年はこれを超える作品を探すことになりそうだ。

  • 満足度★★★★

    あれ?これ、ぬいハン?
    今年一発目の観劇。心にくる作品でした。音がでかくてびっくりした。ポンポコーー!!

  • 満足度★★★

    結構じんとくる
    最初からエンジン全開の役者陣の、マシンガン並に飛び出てくる
    台詞の嵐、決して広いとはいえないOFFOFF内に容赦なく響きわたる
    爆音の音楽にひたすらに圧倒されます。圧倒されますが…

    それぞれにキャラの立ったポンポコ達とプラス一人の織り成す
    面白いやり取りにクスリとさせられたり、かと思ったら最後の方では
    不覚にもじんとさせられたり、気持ちがジェットコースターのように
    もってかれました。全体的には可愛らしい話だと思います。

    ネタバレBOX

    観客に楽しんでもらおうとサービスし過ぎたのか、ネタを各所に
    ちりばめ過ぎたような気がしますね。十分に本筋のテーマを
    はれるようなものも途中であっさりと流してしまったのは、
    個人的には勿体ないなぁ、とも感じさせられたり。

    最後に明らかにされた次女の"本当の正体"なんだけど、
    家族同士のやり取りにじんときた半面、あんなにあっさり
    行かせてしまって果たして良かったのかな、と思いました。

    長年、一緒に地下で暮らしていた仲なんだし、「ポンポコの
    未来の為」とはいえ、すぐに割り切れてしまうものなんかなぁ。。。

    他の箇所は、すごくよかったですね。長女とピザ屋の
    バイト君との淡い恋模様の行方がどうなるか、気になります。
    二人でやりたい仕事に、長女が「カニ屋さん…」ってぼそっと
    答えた様は可愛らしかったです。
  • 満足度★★★★

    2012年!
    ぬいぐるみハンターは変わった!!!
    なんと、
    ちゃんとストーリーがあった!(笑)

    相変わらず、自分には無い独特の間合いと(特に今回は、ビザ屋のにいちゃんが良かった)元気で可愛い女の子達には楽しませてもらえた。
    来月の公演は、どうゆう形になるのか楽しみ♪

  • 満足度★★★★★

    大満足★
    初見でしたが、一気にファンになりました。もう次回が気になる。
    役者の個々の魅力、エネルギーに圧倒されたってのもあるけど、全体的にバランス良くって、110分がほんとにあっという間で。笑って泣ける、そんな芝居でした!
    震災とか社会に疲れていたけれど…元気をくれてどうもありがとう!

  • 満足度★★★★

    (^o^)
    とても面白かったです。
    ダンスもかわいかったし、リスにはびっくりしたけど。(笑)
    最後は泣かされました。
    なすびさん、ほんとに顔が長かった。

  • 満足度★★★★

    今年の
    初観劇でした。争いごとが出てくる話が初っぱなには少し残念でしたが、久々に神戸ワールド炸裂で楽しく観させてもらいました。

このページのQRコードです。

拡大