演劇

シーラカンスプロデュース Vol.1

戯伝写楽-その男、十郎兵衛-

シーラカンスプロデュース (古代魚企画)

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2012/02/01 (水) ~ 2012/02/05 (日) 公演終了

上演時間:

■ シーラカンスプロデュースとは?! 
 シーラカンスプロデュース(古代魚企画)とは、声優として確固たる実力と知名度を誇る、演劇集団円に所属する朴璐美と、そして同じく声優として話題作に数多く出演し、舞台俳優としても活躍めざましい宮野真守の2人が、演劇制作会社ゴーチ・ブラザーズとスタートさせた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/01 (水) ~ 2012/02/05 (日)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 宮野真守、城戸愛莉、板倉チヒロ、玉置怜央、有川マコト、矢内文章、山崎健二、吉澤宙彦、清田智彦、後藤剛範、澤田慎司、中山有子、佐藤芳江、池亀未紘、五十嵐絵里、関智一(友情出演)、柴田秀勝、平野綾
脚本 中島かずき
演出 中屋敷法仁
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 6,300円
【発売日】2012/01/07
一般席:6,300円 (全席指定・税込)
学割席:3,800円 (全席指定・税込)
サイト

http://blog.gsharaku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■ シーラカンスプロデュースとは?! 
 シーラカンスプロデュース(古代魚企画)とは、声優として確固たる実力と知名度を誇る、演劇集団円に所属する朴璐美と、そして同じく声優として話題作に数多く出演し、舞台俳優としても活躍めざましい宮野真守の2人が、演劇制作会社ゴーチ・ブラザーズとスタートさせたプロデュースユニット。
 「常識にとらわれず、楽しいことを!」という情熱に共感を得たキャスト、スタッフが結集。第一弾として上演した「戯伝写楽-その男、十郎兵衛-」は東日本大震災の影響で残念ながら4ステージのみの上演で中止。新たな思いを持って、この度に再上演が決定。


■ あらすじ 
 寛政5年(1793)、喜多川歌麿の美人大首絵が大人気の江戸に、ある男がいた。
男の名は斉藤十郎兵衛(宮野真守)。

 ある日、十郎兵衛は友人・与七と共に繰り出した盛り場で、不思議な女・おせいに出会う。流れの絵描きと名乗るおせいの描く絵の独特な筆使いは、とても余人には真似が出来ない。そう直感的に感じた十郎兵衛は、おせいの絵で一儲けを企む。
 翌日、蔦屋重三郎の店に一枚の絵を持って現れる十郎兵衛。差し出す絵を見た蔦重は、その迫力に驚き、同時に歌麿以上の才能の発見に喜び、十郎兵衛に大金を与えて新作を頼むのである。

「雅号は…写楽だ。写すのが楽しいと書いて写楽。東の島・東洲斎、東洲斎写楽!」

 十郎兵衛の企み通り、写楽の絵は瞬く間に江戸で大人気となり、おせいはとりつかれたように、ひたむきに絵に打ち込み続ける。
 しかし、その写楽の不思議な魅力にとりつかれる花魁・浮雲(平野綾)が現れ、事態は思わぬ方向に転じ始める―
その他注意事項
スタッフ 美術:原田愛
照明:浜崎亮
音響:水谷雄治
音楽:佐藤こうじ
衣裳:西原梨恵
演出助手:入倉麻美
舞台監督:川除学
宣伝写真:引地信彦
宣伝美術:山下浩介
制作助手:丸山立
制作:佐々木康志/三浦瞳/安部祥子

プロデュース:朴 璐美/伊藤達哉

制作協力:ゴーチ・ブラザーズ

企画・製作:シーラカンスプロデュース

[情報提供] 2011/11/19 16:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/28 12:18 by だいず

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

なかやしき

なかやしき(7)

演出です。よろしくお願いします。

だいず

だいず(40)

制作 当日運営

昨年3月の初演に続き、制作助手で携わります。リベンジに...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大