演劇

見沢知廉 三回忌追悼公演

天皇ごっこ ~母と息子の囚人狂時代~

劇団再生

ウッディシアター中目黒(東京都)

2007/09/06 (木) ~ 2007/09/09 (日) 公演終了

上演時間:

46年の生涯。
そのうち12年を刑務所で過ごした一人の男。
彼が獄中で書いた小説が一つの賞を授賞する。
   
『見沢知廉』、本名『高橋哲央』
   
小説家として彼が描こうとした世界は、どこにあったのか。
彼の人生を追いながら、その複眼的な足跡に途方にくれる。

思想と行動...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

見沢知廉の人生を描いた劇団再生の舞台「天皇ごっこ~母と息子の囚人狂時代~」のダイジェスト映像です。

公演詳細

期間 2007/09/06 (木) ~ 2007/09/09 (日)
劇場 ウッディシアター中目黒
出演 市川未来、あべあゆみ、阿部満世、磯崎いなほ、栗原ヨシユキ、黒木智子、さとうまりこ、清水祐美子、田中惠子、史-chika-、宮永歩実、村田弘美
脚本 高木尋士
演出 高木尋士
料金(1枚あたり) 800円 ~ 3,800円
【発売日】2007/07/01
前売り:3500円/ペアチケット:6000円(劇団のみ)/当日券3800円
追悼会 前売り:800円/当日券:1000円
サイト

http://www.engeki.ne.jp/saisei/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 46年の生涯。
そのうち12年を刑務所で過ごした一人の男。
彼が獄中で書いた小説が一つの賞を授賞する。
   
『見沢知廉』、本名『高橋哲央』
   
小説家として彼が描こうとした世界は、どこにあったのか。
彼の人生を追いながら、その複眼的な足跡に途方にくれる。

思想と行動、思索と執筆、精神と反逆、血と無垢。
   
思いつく限りのキーワードを原稿用紙に散りばめる。
だが、そこに現れるのは、あの日・・・
彼が死んだ、2005年9月7日。
あの立ち止まってしまった、深い喪失。

物語は、実際に彼が体験してきた人生を追いながら、
同時に「彼が描こうとした世界」が、「見沢知廉」を追うという構成をとる。
   
獄中の彼が「見沢知廉」を裁く。
執筆をする彼が「見沢知廉」を描く。
右翼活動をする彼が「見沢知廉」をアジる。

彼を知る多くの関係者への綿密な取材を経て、
実際に生きて死んだ一人の人間の人生が、
舞台という複素平面で再生する。
その他注意事項
スタッフ 原作/見沢知廉
脚本・演出/高木尋士
演出助手/本田圭
舞台美術/西薩爾エピソ
ポスター写真/荒木経惟
選曲・作曲/高木尋士
衣装/クラモチユキコ(SucreNoir)
振付/華雨『華・蝶・封・月』
照明/若林恒美
音響/宮崎裕之(Predawngem)
宣伝美術/astrolabio d'arbys
パンフレットデザイン/岡本バンビ
舞台監督/吉川悦子・横川奈保子
記録/舟大工平九郎
写真/インベカヲリ
映像編集/吉野邦彦
楽曲提供/SPUTNIK KOMBINAT
プロダクション協力/B.M.Factory
制作/市川未来・高橋あづさ・中田祐子・劇団再生

[情報提供] 2007/07/03 11:08 by こりっち管理人

[最終更新] 2009/03/17 07:05 by みらい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

こいけかなた

こいけかなた(0)

出演者です。 「やっぱインターだよ!」

いなほ

いなほ(0)

2年周期からの脱却

さとまり

さとまり(0)

役者・俳優 当日運営 その他(舞台班)

ここにあなたは再生します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大