パルコ・プロデュース

梅田芸術劇場メインホール(大阪府)

他劇場あり:

2012/01/19 (木) ~ 2012/01/22 (日) 公演終了

上演時間:

日本文学金字塔、世界のMISHIMA不朽の名作「金閣寺」。
今夏“リンカーンセンター・フェスティバル2011”に正式招待され、大絶賛を受けた舞台が、東京、大阪での凱旋公演決定!

宮本亜門が芸術監督を務めるKAAT 神奈川芸術劇場オープニング作品として上演された「金閣寺」。 生来の吃音か...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/19 (木) ~ 2012/01/22 (日)
劇場 梅田芸術劇場メインホール
出演 森田剛、高岡蒼甫、大東俊介、中越典子、高橋長英、大西多摩恵、花王おさむ、大駱駝艦(田村一行湯山大一郎若羽幸平橋本まつり小田直哉加藤貴宏)、岡田あがさ、三輪ひとみ、山川冬樹、瑳川哲朗
脚本 三島由紀夫
演出 宮本亜門
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 10,000円
【発売日】2011/12/03
S席10,000円 A席8,000円(全席指定・税込)
サイト

http://www.parco-play.com/web/page/information/kinkakuji2012/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本文学金字塔、世界のMISHIMA不朽の名作「金閣寺」。
今夏“リンカーンセンター・フェスティバル2011”に正式招待され、大絶賛を受けた舞台が、東京、大阪での凱旋公演決定!

宮本亜門が芸術監督を務めるKAAT 神奈川芸術劇場オープニング作品として上演された「金閣寺」。 生来の吃音から疎外感に悩まされ育った主人公溝口を森田剛が、下肢に障害を抱えながらも不敵に溝口を挑発する柏木を高岡蒼甫が、また溝口とは寺の同朋で、明るさの裏で自死を選ぶ鶴川を大東俊介が、それぞれの若者の苦悩を全身全霊で見事に演じました。

「金閣寺」は舞台と映像、身体、声で三島文学を多層面に描き、「生とは何か」「美とは何か」と自問する溝口と二人の友人を主軸に、現代の若者にも通じる閉塞感を見事に造形します。
2011年7月、ニューヨーカーの魂をも揺さぶった「金閣寺」、いよいよ来る2012年1月~2月、日本凱旋公演として上演!どうぞご期待下さい!
その他注意事項 ※未就学児の入場はお断りいたします。
スタッフ 原作 三島由紀夫
原作翻案 セルジュ・ラモット
台本 伊藤ちひろ・宮本亜門

[情報提供] 2011/11/18 03:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/07 06:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大