『ひとり、たび』/『HAPPY JOURNEYS』【CAST紹介写真&アンケート公開しました!!】 公演情報 『ひとり、たび』/『HAPPY JOURNEYS』【CAST紹介写真&アンケート公開しました!!】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.7
1-8件 / 8件中
  • 14:00・四日目。
    後ほど。

  • 満足度★★★★★

    二作品
    二作品ともに観劇。
    音楽を用いるなど、両作品の共通点もありながら、それぞれで目指している演出の方向性が違い、興味深かった。

    もう少し大きな劇場で上演した方がよい作品かと思ったが、サイドの席から観た身としては、この席だからこそ楽しめる観え方があるのであろうと、ちょっとした独占感を感じる。正面から観ればまた違う楽しみ方ができたのであろう。

    個人的には『ひとり、たび』が印象的。照明が幻想的に生きていたし、若い役者ながらに緊張感のある演技。大道具がよい。
    ゴネリル・リーガンの姉二人は、単なる悪役として描かれがちだが、耄碌した父に譲歩しながら実利を求める、合理主義者として筋が通っているように見えた。『リア王』の現代的な解釈だと感じた。

  • 満足度★★★

    両方観劇
    チケットをわざわざ2作品に分けなくてもよかったのでは?とも思いましたが、セット券で2作品観劇。

    ネタバレBOX

    「HAPPY JOURNEYS」
    ロードムービーならぬ、ロード芝居かな。役者の台詞で場所や風景等を表しているのだが、見える感じでした。
    後半同じ場面を演じるのだが、テンポを早くしたり、音楽に乗っての台詞回しは新しいなと感じた。
    全体的にはなんかしらないが、面白く感じました。

    「ひとり、たび」
    リア王の物語だが、ちょっと難しく作りすぎたかな。それとも今回の演出がルデコに合ってなかったかな?
    もう一歩な感じだった。
  • 満足度★★★

    『ひとり、たび』
    トレモロ版シェイクスピア第2弾。第1弾であった劇団劇場での「Ham,Ham,Hamlet」は15分の上演時間の大半が「トレモロスタイル」で問題がなかったが、本作は長尺ゆえ本来的なシェイクスピア劇形式の部分もあるために異なった形式の対比が面白さであると同時に違和感も抱かせ、そこのところが微妙…。

  • 満足度★★★★

    『HAPPY JOURNEYS』
    いわば「ディス・イズ・トレモロ」。古き佳き時代のアメリカの家族ドライブ(?)を描いたワイルダー作品を一通りきちんと見せてからそれをリズムに乗せてリミックススタイルで見せて「一粒で二度オイしい」な感じ。照明の明滅とクリック音で時が経ったことを示すのもイイ。
    あと、キャストが変わったことより、初演よりも「嬶天下」に見えたりもして…(笑)

  • 満足度★★★

    HAPPY JOURNEYS
    初トレモロ。
    目を見張るものは無かった。
    アレンジはもちろんあるけど古典だなぁという印象。
    ただ、別の作品を観てみたいとは思う。
    石丸香織は古典合うんだな。スタイルいいね。
    加藤のえる、もっと観たかった。ちょっぴり発見。
    座席は素直に正面が見やすいのではないかと。

  • 満足度★★★★

    古典っぽい
    いい意味で古典っぽい印象を受けます。

    HAPPY JOURNEYSはアメリカンでテンポよく進む。
    どうしても、会話の中に名前を呼ぶのが増えるのだけがちょっと違和感。
    男の子が男の子っぽくていい感じでした。

    ひとり、たびは振りやセットもうまくつかって分かりやすく進む。
    前半より後半のほうがすっ飛ばしていた感じがしたので、後半のほうをもっと丁寧に(=時間を割いて)描いてくれるともっとよかったような気がします。

    まったく与太:
    他の劇団でもそうなのだが、「開演時間」になったときの注意で「お手洗いうんぬん」というのは???。今日も2人がそれで席をたち、開演待ちに。

  • 19時の回からセットで観ました
    トレモロさん観るの初めてだったのですが、こういう独特なテイストがあるのですね。ワイルダーは知らなかったのですが、シェイクスピアをこんな風にモダン要素?も取り入れつつ演出できるのかと面白く感じました。この長丁場で飽きさせない、言葉のリズムで客を引き付ける、という力があると思いました。
    個人的には衣裳が見ていて楽しかったです。

このページのQRコードです。

拡大