歌舞伎・伝統芸能

淡座旗揚げ公演

『噺×現代音楽』

デザイン:川村祐介

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

淡座旗揚げ公演

『噺×現代音楽』

淡座

be off (320-0838 宇都宮市吉野1-7-10)(栃木県)

他劇場あり:

2011/11/20 (日) ~ 2011/11/20 (日) 公演終了

上演時間:

公演内容/
桑原ゆう作曲 (全曲世界初演)
「反魂香」による新作 (2011) 噺、ヴァイオリン、チェロ、三味線
「反魂香」による新作 (2011) ヴァイオリン、チェロ、三味線
「芝浜」による新作 (2011) 噺、 ヴァイオリン、チェロ、 三味線、エレクトロニクス


淡座 ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/20 (日) ~ 2011/11/20 (日)
劇場 be off (320-0838 宇都宮市吉野1-7-10)
出演 古今亭志ん輔、三瀬俊吾、藤井泉、本條秀慈郎、福島諭
脚本 古典落語(桑原ゆう編)
演出 桑原ゆう
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/09/01
一般、学生とも3000円 (全席自由)
サイト

http://www.facebook.com/event.php?eid=289379734410025

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 公演内容/
桑原ゆう作曲 (全曲世界初演)
「反魂香」による新作 (2011) 噺、ヴァイオリン、チェロ、三味線
「反魂香」による新作 (2011) ヴァイオリン、チェロ、三味線
「芝浜」による新作 (2011) 噺、 ヴァイオリン、チェロ、 三味線、エレクトロニクス


淡座 (あわいざ) は2010年に結成された、作曲家と演奏家によるクリエイショングループです。その目的は「目に見えないもの、形のないもの」の重要性を伝えることであり、「目に見えないもの、形のないもの」とは言葉、思想、哲学、文化など、ひとの生活を豊かにするものだと考えます。そのために「江戸」という手段を用います。
江戸時代の人々は遊び心が旺盛で、人をあっと言わせたいという「粋」の精神からものづくりがなされていました。また、江戸では火事が非常に多かったため、後に残る「もの」だけではなく、形のない「もの」=文化を大切にしていました。このような江戸文化の独自の発想に学び、消化し、それを取り入れ、表現を行ないます。
記念すべき1回目の公演は、古典落語を取り上げます。ゲストに古今亭志ん輔師匠をお迎えし、江戸の古典落語と現代の芸術音楽の「あわい」を描きます。
その他注意事項
スタッフ 主催・企画/淡座
作曲・構成/桑原ゆう
宣伝美術/川村祐介

[情報提供] 2011/11/15 18:55 by 桑原ゆう

[最終更新] 2011/11/16 14:03 by 桑原ゆう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

桑原ゆう

桑原ゆう(0)

古典落語と現代音楽をあわせた画期的な試みです。どうぞ観...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大