演劇

ユニークポイント 師走のアトリエ 2週連続公演

演劇

ユニークポイント 師走のアトリエ 2週連続公演

「白痴」・「いのちもてあそぶひと」

ユニークポイント

atelier SENTIO(東京都)

2011/12/10 (土) ~ 2011/12/18 (日) 公演終了

上演時間:

『いのちもてあそぶひと』は今年の4月、
活動の拠点とするアトリエセンティオで上演されました。
2011年3月11日は、まさに台本の執筆中、
クライマックスを家の近くの喫茶店で書きながら、
深い深い海の底に沈んでいくような気分でした。
もがき苦しみながら、何もすることのできない無力感、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/10 (土) ~ 2011/12/18 (日)
劇場 atelier SENTIO
出演 北見直子、久保明美、古市裕貴、ナギケイスケ、若林瑞季
脚本
演出 山田裕幸
料金(1枚あたり) 1,300円 ~ 1,800円
【発売日】2011/11/24
1800円(前売り当日ともに)
※白痴の半券をお持ちいただくと、いのちもてあそぶひとは500円引きになります。
サイト

http://www.uniquepoint.org/hakuchiinochi/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『いのちもてあそぶひと』は今年の4月、
活動の拠点とするアトリエセンティオで上演されました。
2011年3月11日は、まさに台本の執筆中、
クライマックスを家の近くの喫茶店で書きながら、
深い深い海の底に沈んでいくような気分でした。
もがき苦しみながら、何もすることのできない無力感、
それでもなんとか足を動かし、手を動かし、呼吸をし、
上演にこぎつけた、そんな作品です。
その後、キャストを変え、7月に静岡で再演し、
そしてもう一度、上演することになりました。
岸田國士の『命を弄ぶ男ふたり』を翻案した、
命をもてあそぶことの愚かさ、滑稽さを描いています。

もう一つの作品は、坂口安吾の『白痴』です。
2003年に風琴工房との
共同企画で一度取り組んだのですが、
(もう8年も前!)
『白痴』が終戦直後に出版されていること、
戦争と地震はもちろんまったく別のものですが、
瓦礫の山となった風景を前に、安吾がどんな言葉を書いたのか、
それを私たちはどのように読み、そして生きてきたのか。
そんなことを考えようと思い、
再び取り組んでみることにします。
こちらはほとんど翻案せずに、
小説の言葉を、浴びるように感じていただけたら、
と思っております。
その他注意事項 「白痴」
原作 坂口安吾「白痴」
演出 山田裕幸
出演 北見直子 久保明美 古市裕貴 若林瑞季

12/10(土) 15:00/19:00
12/11(日) 13:00/17:00

「いのちもてあそぶひと」

原作 岸田國士「命を弄ぶ男ふたり」
脚色・演出 山田裕幸
出演 北見直子 古市裕貴 ナギケイスケ 若林瑞季

12/17(土) 15:00/19:00
12/18(日) 13:00
スタッフ

[情報提供] 2011/11/14 01:39 by 83

[最終更新] 2011/12/12 23:33 by 83

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

フル

フル(0)

頑張ってます

nagiksk

nagiksk(0)

いのちもてあそぶひとに出演します

みるきー

みるきー(0)

白かったりいのちもてあそんでいます。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大