演劇

もりげき八時の芝居小屋 第118回

手の中の林檎

0 お気に入りチラシにする

演劇

もりげき八時の芝居小屋 第118回

手の中の林檎

八時の芝居小屋制作委員会

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2011/11/09 (水) ~ 2011/11/11 (金) 公演終了

上演時間:

酒瓶、空き缶、つまみの残骸。
いろんな物が雑多に散らばるこの部屋に、
思い思いの体勢で自由に横たわる人々。
夜遅くまでしこたま呑んだ次の日にはよくある光景。
カーテンも閉まり、常夜灯だけがほんのり室内を照らす
薄暗い部屋。
時計の針をぼんやりと確認し、
今が朝なのか、それとも夕方...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/09 (水) ~ 2011/11/11 (金)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 上野敏明、似内仁、千葉伴(香港活劇姉妹)、高野ひとみ(劇団・風紀委員会)、高村明彦(現代時報)、玉垣エーイチ(NorthUp)、狩野愛
脚本 内藤裕敬
演出 三浦貴之
料金(1枚あたり) 800円 ~ 1,200円
【発売日】
前売り1,000円 当日1,200円
mフレンズ会員価格800円
(八芝共通回数券7枚綴り5,000円)
サイト

http://8siba.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 酒瓶、空き缶、つまみの残骸。
いろんな物が雑多に散らばるこの部屋に、
思い思いの体勢で自由に横たわる人々。
夜遅くまでしこたま呑んだ次の日にはよくある光景。
カーテンも閉まり、常夜灯だけがほんのり室内を照らす
薄暗い部屋。
時計の針をぼんやりと確認し、
今が朝なのか、それとも夕方なのか、
これからダラダラと一日を過ごすのか、
それとも無駄に寝て一日を過ごしてしまったのか、
ここは何処なのか、誰と呑んだのか。
わけもわからず不安に駆られる。
ただ言えるのは頭の中がズキズキもやっとし、
口の中は日本酒の甘ったるい余韻だけが残り、
できれば活発に動きたくない、
明らかに二日酔いと呼ばれる状態であること。
しかしその酔いもしだいに覚め、今のこの状況が分かり始める。
いや、分かったからといって状況は何も変わらない。
そこにあるのは平凡な日常。
そうして僕らは今日もまた、
ただなんとなしに通り過ぎる浮世生活に染まりたくて、
やっぱり只々酒を呑む。
「今夜もとことん飲むぞ。いいよな、皆。」
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】菊池隆春 【舞台美術】長内努
【大道具】及川貴樹(TCT)、中村隼太(劇団かっぱ)
【音響】村山惠美 【照明】古泉千恵
【小道具】三上絵里(劇団かっぱ) 【衣装】佐々木つかさ(現代時報)
【宣伝美術】柏木史江 【制作】河村睦(劇団ゼミナール)

[情報提供] 2011/11/05 10:00 by もりげき八時の芝居小屋

[最終更新] 2012/01/19 13:47 by もりげき八時の芝居小屋

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

よんちょ

よんちょ(0)

演出&プロデューサを務めさせて頂きます三浦です。 今...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大