演劇

2009年に主要演劇賞を受賞した話題作!待望の再演!

演劇

2009年に主要演劇賞を受賞した話題作!待望の再演!

炎の人

ホリプロ

七飯町文化センターパイオニアホール(北海道)

他劇場あり:

2011/11/16 (水) ~ 2011/11/16 (水) 公演終了

上演時間:

ベルギーの炭鉱町で宣教師を志したヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。その並はずれた献身ゆえに職を追われ、放浪の果てに生きる道を絵画に求める。オランダに移り住み、酒場で知り合った哀れな身重の貧しい女シィヌをモデルに絵の修業を始めるが、周囲から孤立。シィヌにも去られ、悲嘆に暮れるヴィンセント。唯一の理解...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/16 (水) ~ 2011/11/16 (水)
劇場 七飯町文化センターパイオニアホール
出演 荒木健太朗、野口俊丞、保可南、中嶋しゅう、大鷹明良、今井朋彦、銀粉蝶、市村正親、富田靖子、原康義、さとうこうじ、渚あき、斉藤直樹
脚本 三好十郎
演出 栗山民也
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://hpot.jp/honoo/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ベルギーの炭鉱町で宣教師を志したヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。その並はずれた献身ゆえに職を追われ、放浪の果てに生きる道を絵画に求める。オランダに移り住み、酒場で知り合った哀れな身重の貧しい女シィヌをモデルに絵の修業を始めるが、周囲から孤立。シィヌにも去られ、悲嘆に暮れるヴィンセント。唯一の理解者は弟のテオだけだった。
 孤独なヴィンセントは花の都パリに向かい、そこで出会った若い印象派の画家たちから新しい刺激を受ける。中でもゴーガン(ゴーギャン)の才能には、憎しみに転ずるほど強い憧れを持った。独自の技法と世界を求め、憑かれたように絵を描き続けるうちに、ヴィンセントの精神と肉体はすり減っていった。
 やがてパリの喧噪を逃れ、アルルの明るい陽光の中、ゴーガンとの共同生活が始まる。美しい田園風景と、妖精のような踊り子ラシェルの優しさに癒されるヴィンセント。彼の真の才能を理解していたのはゴーガンだけだったが、強烈な二つの個性は激しくぶつかり合い、ヴィンセントに狂気の発作が起こった…
その他注意事項
スタッフ 作:三好十郎
演出:栗山民也
美術:堀尾幸男
照明:勝柴次朗
音響:井上正弘
衣裳:前田文子
ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:豊田めぐみ
舞台監督:加藤 高

[情報提供] 2011/08/09 15:53 by Chris

[最終更新] 2012/01/10 03:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大