演劇

結成15周年記念第8回本公演

Ato-Saki

デザイン:北村美沙子

0 お気に入りチラシにする

演劇

結成15周年記念第8回本公演

Ato-Saki

VOGA

大阪市立芸術創造館(大阪府)

他劇場あり:

2011/10/22 (土) ~ 2011/10/30 (日) 公演終了

休演日:2011年10月25日

上演時間:

太平洋戦争末期。

激戦地ニューギニアで戦う鉄道省機関士、日下部正造と、内地で夫の帰りを待つ、妻・マチコ。

一九四五年八月一五日、日本は終戦を迎える。

マチコは生死不明の帰らぬ夫を待っている。夕刻になると汽車を眺めにゆくのが日課となった。
機関士であった正造の面影を探している...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画3

すべて見る

劇団VOGAの15年を振り返るPV PART 3

公演詳細

期間 2011/10/22 (土) ~ 2011/10/30 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 草壁カゲロヲ、ハ・スジョン、ふくだまさと、昭和今日子、谷弘恵、ののあざみ、船戸香里、高橋理紗(空の驛舎)、滝沢侑子、タナカ・G・ツヨシ、足立昌弥、松嵜佑一(A級MissingLink)、ゆかわたかし(昭和芸能舎)※東京公演のみ、横山直樹、新井達也(CrossRopeLife)、堀井和也、岡田将司
脚本 近藤和見
演出 近藤和見
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2011/08/06
■チケット情報
先行前売=2,500円 (東京公演:11月6日(日) まで)
前売=3,000円
当日=3,500円
学生=2,000円(前売・当日共通・要学生証提示)
サイト

http://www.lowotarvoga.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 太平洋戦争末期。

激戦地ニューギニアで戦う鉄道省機関士、日下部正造と、内地で夫の帰りを待つ、妻・マチコ。

一九四五年八月一五日、日本は終戦を迎える。

マチコは生死不明の帰らぬ夫を待っている。夕刻になると汽車を眺めにゆくのが日課となった。
機関士であった正造の面影を探している。月日が過ぎる。
ある日、正造は帰還する。「現地人に助けられた」と言う。正造は片足を失っている。
だから機関士に戻るも叶わない。正造は日本がすっかり変ったように感じる。
思うに任せられぬ日々に、自然と精霊に包まれたニューギニアの生活を思い返す正造であった。

一九四五年八月一五日の【あとさき】を描く、日本の物語。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 : 大阪公演-今井 康平(CQ)・東京公演-塚本 修(CQ)
美術監督 : 水波 流(ART COMPLEX)
舞台・美術監督補 : 西山 寛
照明 : 高円 敦美
音響 : 田鹿 充
音響効果 : 椎名 晃嗣(劇団飛び道具)
映像 : 吉光 清隆
記録映像 : 松浦 莞二(スタジオkk)
鉄・美術 : 仁同 知明
衣裳 : 新井 友香 / 樹下 由紀
メイク : 福田 桃子
演出助手 : タムラグリア / 姫路 香
表紙絵 : 足田 メロウ
宣伝美術 : 北村 美沙子
web制作 : 荒木 康代

美術部 : 青木 太郎 / 浅野 絵理奈 / 今道 鮎美 / 佐竹 秀幸 / 村上 由宇麻
美術部チーフ : 古賀 睦
制作部 : 光井 聰 / 山口 禮子
制作部チーフ : 橋本 一広

制作協力 : 江藤 加奈 / 岡野 万里子 / 小川 ノリコ / 菊池 有里子 / 呉屋 孝信 / さいき りさ / 崎本 実弥 / 猿丸 ヨウコ / 竹重 みゆき / 中野 雨衣子 / 星川 ユリコ / 日置 あつし / 真島 淳太

協力 : 天野 奏(Rac_Ka) / 井須 圭太郎 / 伊藤 豊 / うめいまほ / 大久保 朝憲 / 甲田 徹(Rac_Ka) / 坂本 知 / 鮫島 サトシ / 柴田 友美 / 坪田 文 / 中川 絵美 / 平井 陽

[情報提供] 2011/10/27 15:59 by 橋本一広

[最終更新] 2012/01/30 20:47 by 橋本一広

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

G

(0)

出演。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大