演劇

座・高円寺 冬の劇場20 日本劇作家協会プログラム

演劇

座・高円寺 冬の劇場20 日本劇作家協会プログラム

乙女の祈り

ユニットえりすぐり

座・高円寺2(東京都)

2011/12/21 (水) ~ 2011/12/25 (日) 公演終了

上演時間:

昨年夏。渡辺えりが生まれて初めて挑んだ一人芝居は、個性豊かな若手女性劇作家たちによる、それぞれの乙女たちのさまざまな祈り。自らも劇作家である渡辺えりが、ジロドゥの「オンディーヌ」の話をモチーフに、彼女たちの作品をつなぎ合わせながら、ひとつの舞台として上演し、好評を博しました。
劇作家たちが女...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/21 (水) ~ 2011/12/25 (日)
劇場 座・高円寺2
出演 渡辺えり
脚本 サリngROCK、石原燃、芳﨑洋子、樋口ミユ、二木麻里(「オンディーヌ」翻訳)
演出 渡辺えり
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,500円
【発売日】2011/10/28
前売・当日 共 4,500円(全席指定)
サイト

http://office300.co.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昨年夏。渡辺えりが生まれて初めて挑んだ一人芝居は、個性豊かな若手女性劇作家たちによる、それぞれの乙女たちのさまざまな祈り。自らも劇作家である渡辺えりが、ジロドゥの「オンディーヌ」の話をモチーフに、彼女たちの作品をつなぎ合わせながら、ひとつの舞台として上演し、好評を博しました。
劇作家たちが女性というカラダを突き破り、切実な思いを込めて書き上げたこれらの本作に、この冬、渡辺えりが新たな思いで、再びチャレンジいたします。
さらに深みが加わった見ごたえある「乙女の祈り」にご期待ください。
その他注意事項 未就学児入場不可
スタッフ 構成・演出・出演:渡辺えり

音楽:coba

作:サリngROCK、石原燃、芳﨑洋子、樋口ミユ/二木麻里(「オンディーヌ」翻訳)

舞台美術:加藤ちか
照明:宮野和夫
音響:藤田赤目
衣裳:田中洋介
舞台監督:金安凌平

[情報提供] 2011/10/19 16:19 by おふぃす3〇〇

[最終更新] 2011/12/29 19:16 by おふぃす3〇〇

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

サリngROCK

サリngROCK(22)

役者・俳優 脚本 演出

短編集のうち、一本書かせていただいています

ペンライト

ペンライト(0)

制作部です

おふぃす3〇〇

おふぃす3〇〇(0)

おふぃす3〇〇です

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大