舞踊・バレエ

Monochrome Circus Repertory Tour 2011

『ENSEMBLE』 -福岡公演無事終了いたしました。次は可児、神戸-

坂本公成+Monochrome Circus

Monochrome Circus

ぽんプラザホール(福岡県)

他劇場あり:

2011/11/26 (土) ~ 2011/11/27 (日) 公演終了

上演時間:

─ 世界と身体のアンサンブル ─
京都を拠点に国際的に活躍するダンスカンパニーMonochrome Circus(モノクロームサーカス)。「身体との対話」をテーマにしてきた同カンパニーがこの秋「アンサンブル」をテーマに国内3カ所でツアー公演を行います。極小のデュエットや、絶妙なカルテット、即...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/26 (土) ~ 2011/11/27 (日)
劇場 ぽんプラザホール
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
◎料金
一般/ 前売 3,000円 当日3,500円
学生/ 前売 2,000円 当日2,500円 〈全席自由〉
サイト

http://www.monochromecircus.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ─ 世界と身体のアンサンブル ─
京都を拠点に国際的に活躍するダンスカンパニーMonochrome Circus(モノクロームサーカス)。「身体との対話」をテーマにしてきた同カンパニーがこの秋「アンサンブル」をテーマに国内3カ所でツアー公演を行います。極小のデュエットや、絶妙なカルテット、即興ベースの群舞、そして家具とのアンサンブルまで、ひとくくりにできない多彩な作品は、移り変わる時代や身体へのまなざしを映してきたとも言えます。また真鍋大度や山中透による音楽、クリエイティブユニットgrafなど、第一線で活躍するアーティストとのコラボレーションは、作品に独特の濃密さを与えると同時に、「ともに動くこと=アンサンブル」についてのポジティブなメッセージを発信してきました。身体と身体が出会うこと、カラダとモノが対話することで切り拓く世界をぜひご覧ください。

【可児公演】TROPE

12月1日[木] 19:00
2日[金] 19:00

受付は開演の45分前/開場は開演の30分前
◎開演15分前よりオープニングトークあり。

1日 衛紀生(可児市文化創造センタ-館長兼劇場総監督)
2日 服部滋樹(graf代表)
◎終演後、舞台美術の公開あり。
未就学児のご入場はご遠慮ください。
共催:公益財団法人可児市文化芸術振興財団
託児サービス:11月28日[月]までに可児市文化創造センタ-窓口にてお申込み下さい。

料金 一般:2,000円/18歳以下:1,000円〈全席自由〉

取扱い 
・ Monochrome Circus WEB予約
・ JCDNダンスリザーブ http://www.jcdn.org
・ 可児市文化創造センタ- ala
チケットインフォメーション TEL: 0574-60-3050(9:00–19:00 /火曜休)
インターネット予約 http://www.kpac.or.jp[ おトクなチケット割引サービス]
  “ビッグコミュニケーションチケット” 対象
 4枚以上で10%割引、6枚以上で20%割引、8枚以上で30%割引となります。

【神戸公演】
最後の微笑・朱鷺に寄せる哀歌・レミング

12月17日[土] 19:00
18日[日] 14:00*

受付は開演の45分前/開場は開演の30分前
*アフタートーク|ゲスト:大谷燠(NPO法人DANCE BOX)

料金 
一般:前売3,000 円/当日3,500 円
学生:前売2,000 円/当日2,500 円〈全席自由〉

|取扱い|・ Monochrome Circus WEB予約
・ JCDNダンスリザーブ http://www.jcdn.org
・ Art Theater dB KOBE http://www.db-dancebox.org
・ 京都芸術センター [窓口販売のみ] 提携:NPO法人DANCE BOX

【福岡公演】

◎日時:
11月26日(土)~27日(日)
26日(土)16:00 / 20:00  27日(日)15:00 *アフタートーク 
アフタートークゲスト:浅田佳子(舞無ファクトリー)森井淳(j.a.m.DT)
受付は開演の45分前 開場は開演の15分前

◎会場:ぽんプラザホール www.fpap.jp/pomp
〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町8番3号 ぽんプラザ TEL:092-262-5027

◎演目

『最後の微笑』初演:2006年
振付・構成:坂本公成/出演・振付:森裕子 佐伯有香 合田有紀 野村香子/ 音楽:真鍋大度

─30分間の微笑みっぱなしのカルテット
身体と表情の相克。誰もが意識しているその乖離をこのダンスは舞台で露にする。一体彼等は笑っているのか?笑うとは何か?そして最後に「心から」微笑んだのは誰か?謎を残す、不条理なダンス。モノクロームサーカスならではの絶妙なアンサンブルも魅力。

『朱鷺によせる哀歌』初演:2007年
振付・構成:坂本公成 / 出演:坂本公成、小寺麻子

─極小のコンタクト。滅びゆくものに捧げるダンス
現代音楽家 吉松隆による哀切な傑作『朱鷺によせる哀歌』に捧げた作品。曲が素晴らしすぎるので坂本は構想を10年温めたと云う。いうまでもなく朱鷺は国鳥。そして絶滅危惧種。数十年野性には存在せず保護されていたが、最近10数羽が野性に放たれた。上演地:ArtTheater dB , SI Dance Festival (ソウル)、茅野市民会館(長野)

『レミング』初演:2009年
振付・構成:坂本公成 /振付アシスタント:森裕子、小寺麻子 /出演:佐伯有香、合田有紀、小寺麻子、現地出演者※/音楽:山中透

現地出演者※= ゲスト:浅田佳子(舞無ファクトリー)、森井淳(j.a.m.DT)
オーディションメンバー:イフクキョウコ 、小笠原萌 、今麻美、 高野桂子、 田村さえ、 佐藤恵一、 百田彩乃、 山本泰輔、 吉元良太

─地球よとまれ、僕はゆっくり映画が見たい ―寺山修司
パンデミック。爆発的感染。爆発的に増殖しては集団自殺するという逸話をもつネズミ科の動物「レミング」。ますます狭くなっていく地球。否応無く他者と共生を余儀なくされる人間の葛藤を、カンパニーダンサーとオーディションによるダンサー混成で描く。異なるバックグランドを持った様々な身体から放たれる光と混乱のエネルギー。

◎料金
一般/ 前売 3,000円 当日3,500円
学生/ 前売 2,000円 当日2,500円 〈全席自由〉

◎取扱い
Monochrome Circus WEB予約 www.monochromecircus.com
JCDNダンスリザーブ www.jcdn.org
舞無ファクトリー http://mime-f.com
メガチケットアートリエ 博多リバレイン地下2階TEL 092-281-0103 (店頭販売のみ10:00-20:00)

◎お問合せ
Monochrome Circus TEL=090-9704-8648 E-mail mc@monochromecircus.com
舞無ファクトリー TEL=092-985-3121 E-mail mail@mime-f.com

主催:Monochrome Circus 共催:PAI 福岡
後援:(財)福岡市文化芸術振興財団 福岡市
制作:Underline  Mt.Bo-Bo 野村香子 
制作協力:舞無ファクトリー 七緒りか(制作修団プレアデス)
協力:藤原惠洋 九州大学大学院芸術工学研究院教授 岩井眞實(福岡女学院大学教授)

舞台:渡川組 宣伝美術:南琢也 WEB:柏田由香 舞台写真:下村康典 清水俊洋
助成:文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
京都芸術センター 制作支援事業

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<関連情報>
PAI福岡 Coaching Project vol.2
森井淳ダンスワークショップ「コンタクト・パートナリング」
主催:PAI福岡

日時:10/27(木)19:00-21:30ぽんプラザホール
   10/28(金)19:00-21:30 パピオビールーム中練習室1
   11/23(水祝)13:00-16:00 福岡市民会館練習室C

受講料:8,000円(通し)単発可

申込/問合せ PAI福岡  
TEL/FAX(092)985-3121 E-mail= pai.fukuoka@rik.bbiq.jp
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/10/16 00:04 by 七緒りか(制作修団プレアデス)

[最終更新] 2011/12/22 21:58 by 七緒りか(制作修団プレアデス)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

七緒りか(制作修団プレアデス)

七緒りか(制作修団プレアデス)(335)

福岡の制作チームです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大