テニミュ製作委員会

メルパルクホール大阪(大阪府)

他劇場あり:

2011/12/30 (金) ~ 2012/01/09 (月) 公演終了

休演日:1/4,5

上演時間:

 青学vs六角。絆と絆がぶつかる関東大会準決勝!

 テニスの名門校・青春学園中等部(青学)に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。強豪揃いのテニス部で、その圧倒的な強さとテニスセンスを武器に、異例の1年生レギュラーとして活躍していた。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/30 (金) ~ 2012/01/09 (月)
劇場 メルパルクホール大阪
出演 小越勇輝、和田琢磨、平牧仁、三津谷亮、小関裕太、輝馬、鶴見知大、上鶴徹、池岡亮介、桝井賢斗、大平峻也、大野瑞生、ほか
作曲 佐橋俊彦
脚本
演出 上島雪夫
料金(1枚あたり) 5,600円 ~ 5,600円
【発売日】2011/11/13
5,600円(全席指定/税込み)
サイト

http://www.nelke.co.jp/stage/tennimu_rokkaku/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  青学vs六角。絆と絆がぶつかる関東大会準決勝!

 テニスの名門校・青春学園中等部(青学)に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。強豪揃いのテニス部で、その圧倒的な強さとテニスセンスを武器に、異例の1年生レギュラーとして活躍していた。
 激戦区の都大会で優勝し、関東大会への出場を果たした青学は、緒戦で前年度の都大会優勝校・氷帝学園中等部と対戦。補欠試合を制したリョーマの活躍で、氷帝を降した青学だったが、氷帝の部長・跡部との激闘の末に肩を痛めた部長の手塚は、怪我の治療のため戦線を離脱する。
 準決勝へ臨んだ青学の次なる対戦相手は、全国レベルの実力を持つ千葉の古豪・六角中学校。顧問手製の木製ラケットを使用し、家族的な一体感を持つ六角は、1年生部長の葵をはじめ、高い動体視力を持つ佐伯、長いラケットを巧みに操る天根とビッグサーバー・黒羽のダブルスなど、個性豊かな選手を有する。
 強い絆の六角に、部長不在の青学レギュラー陣はどう挑むのか――。
その他注意事項
スタッフ 原作 許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
オリジナル演出 上島雪夫
音楽 佐橋俊彦
作詞 三ツ矢雄二
振付 本山新之助/上島雪夫

[情報提供] 2011/10/14 17:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/26 12:24 by 雲間犬彦

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大