弾丸MAMAER

シアターサンモール(東京都)

2007/07/04 (水) ~ 2007/07/08 (日) 公演終了

上演時間:

STORY
この日、父親の御通夜は淑やかに執り行われるはずだった。
社会派な小説家でそこそこ名の知れた、厳格であった父親。
そんな父にも、一冊だけ自分の不義を題材にした“ふしだら”な小説を出版し、母と不仲になった過酷な時期があった。
そんな20年近く前の記憶も消え去ろうとしていたこの日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/04 (水) ~ 2007/07/08 (日)
劇場 シアターサンモール
出演 日向宏之、川根有子、中村哲人、山口晶由、田仲晶、たかくら未奈、滝上裕二、河合伸之、安藤純、小林広実、染谷恵子、宮下千恵、大田正裕、水橋千佳子、上海菜都子、高橋カオリ、宮下真
脚本 竹重洋平
演出 竹重洋平
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,800円
【発売日】
前売 \3500  当日¥3800(全席指定)
グループ割引 1名様¥3200(3名様以上)  ※劇団取り扱いのみ

◎木曜昼のみ 前売¥3200  当日 ¥3500
※グループ割引は適用されません
サイト

http://dangan-mamaer.gogo.tc/next_theater/next.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 STORY
この日、父親の御通夜は淑やかに執り行われるはずだった。
社会派な小説家でそこそこ名の知れた、厳格であった父親。
そんな父にも、一冊だけ自分の不義を題材にした“ふしだら”な小説を出版し、母と不仲になった過酷な時期があった。
そんな20年近く前の記憶も消え去ろうとしていたこの日、哀悼する親族の前に突如現れたのは、その小説に登場しかつてこの家庭に崩壊を招いた、愛人と隠し子の姿。
墓場入り寸前だった実情を巡って、母は厳格であったはずの父親の本性を知ることになるのだが、嘆く母を置き去りに、息子や娘達にも振りかかるあらゆる事態。
思いもよらぬ訳ありの弔問客たちに揉みに揉まれ、この日のセレモニーホール、都合により、修羅場−

COMMENT
遂に解禁!
あれだけ再演を拒んでいた主宰・竹重氏はこう語った。
「ここんとこ新作続きであった。過去の作品を振り返ってみることで、大事なことを得ることもある、と考え直しただけ。」
と、“スケジュール的に新作は無理説”を完全否定。更なる野心を表明した。
2004年3月に上演したのこの人気作品、御客様から再演希望の声を多数頂き、
2007年7月、3年の沈黙を破り、死にきれず待望の復活!
喪服の時間、それは、笑えない時間−
その他注意事項
スタッフ ■作・演出
竹重洋平

[情報提供] 2007/06/29 16:40 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/07/10 13:24 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大