演劇

Χカイレパートリー劇場 couscouskuskus(ワルシャワ市)

演劇的ダンスシアター『ジキルとハイド』Jekyll & Hyde

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2011/09/27 (火) ~ 2011/09/29 (木) 公演終了

上演時間:

諧謔 痛烈 怪奇 快楽

『ジキルとハイド』は、性的暴行を受けた過去を背負い、欲求を充足させる異常な手段に依存する4人の若い女性の夜を描いている。シューティングスクリプト(最終脚本)は、スティーヴンソンの原作をはじめ、マルキ・ド・サド『閨房の哲学』、アラン・マバンクの『アフリカン・サイコ』...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/27 (火) ~ 2011/09/29 (木)
劇場 シアターX(カイ)
出演 マルタ・ヤロフスカ、エヴァ・ニェムチェフスカ、クリスティナ・フィシュエル、ドミニカ・ストロイェック
脚本
演出 クロード・シルサルチック
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】
特別料金:1,000円
サイト

http://www.theaterx.jp/11/110927-110929p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 諧謔 痛烈 怪奇 快楽

『ジキルとハイド』は、性的暴行を受けた過去を背負い、欲求を充足させる異常な手段に依存する4人の若い女性の夜を描いている。シューティングスクリプト(最終脚本)は、スティーヴンソンの原作をはじめ、マルキ・ド・サド『閨房の哲学』、アラン・マバンクの『アフリカン・サイコ』からの引用を用いながら独自に書き下ろされた。
そのテーマは、クラウディウシュ・シルサルチック作品で度々取り上げられてきた相互関係の永続性‐生まれ育った家庭環境における相互関係が、夫婦関係へ与える影響と今日の現実に照らし合わせた分析である。新作で検証されるのは、他者との関係に影響を持ちながら、容易く抑えることのできない、人間の内に潜む無意識な衝動である。『ジキルとハイド』では、暴力が必要悪として、ひいては了解によって引き起こされる可能性に着目しながら、女性の性という領域を扱い、人間が操られる限界を観察する。
これはダンス・シアターの既成概念を越え、独自の舞台を模索する実験的芸術プロジェクトである。ワルシャワの俳優・ダンサー陣、音楽を手掛ける日本のDJ 矢部直(UFO)、マルチメディアを担当するリトワニアのバルトシュ・ポロンスキ、ロボット製作者のボグダン・グリゴがその特異な世界観を支えている。
その他注意事項
スタッフ 演出・構成 : クロード・シルサルチック
音楽 : 矢部 直(U.F.O ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼーション)
マルチメディア : バルテク・ポロンスキ
ロボット製作 : ボグダン・グリゴ
プロデューサー : シルヴィア・ドマンスカ

[情報提供] 2011/10/13 17:16 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/10/13 17:17 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大