演劇

矢中の杜“縁”プロジェクト2011 文化遺産×演劇×ダンス 参加

演劇

矢中の杜“縁”プロジェクト2011 文化遺産×演劇×ダンス 参加

斜陽

百景社

矢中の杜(旧矢中邸)(茨城県)

2011/11/19 (土) ~ 2011/11/27 (日) 公演終了

休演日:11月21日(月)~25日(金) 11月第3、4土・日曜日に上演

上演時間:

敗戦後、離婚した<私>と元華族の母は財産を失い、伊豆の別荘へ移り住む。最後の貴婦人である母と、復員してきた麻薬中毒の弟・直治、無頼の作家上原、そして新しい恋に生きようとする29歳の<私>は、没落の途を、滅びるものなら華麗に滅びたいと進んでいく。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/19 (土) ~ 2011/11/27 (日)
劇場 矢中の杜(旧矢中邸)
出演 山本晃子、鬼頭愛、村上厚二、梅原愛子、栗山辰徳、国末武
脚本 原作:太宰治
演出 志賀亮史
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 3,500円
【発売日】2011/10/08
前売3300円 当日3500円
サイト

http://www17.plala.or.jp/hyakkeisya/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 敗戦後、離婚した<私>と元華族の母は財産を失い、伊豆の別荘へ移り住む。最後の貴婦人である母と、復員してきた麻薬中毒の弟・直治、無頼の作家上原、そして新しい恋に生きようとする29歳の<私>は、没落の途を、滅びるものなら華麗に滅びたいと進んでいく。

その他注意事項 1日フリーパス制:「斜陽」の他、邸宅公開、カフェ、ダンス公演にもご参加いただけます

<関連企画>
“矢中の杜”の守り人
・“矢中の杜”邸宅案内
・Cafe縁の下(ドリンク・フードの販売)
11:00~18:00
http://yanakanomori.tsukuba.ch/

AAPA
・「足跡」(ダンス)
13:00開演
http://aapa.jp/


※屋外での企画もございます。暖かい服装でお越しください。
スタッフ 舞台美術:森岡美希 渡辺のり子
制作:根岸佳奈子

[情報提供] 2011/10/06 23:13 by 百景社

[最終更新] 2011/11/08 21:16 by 百景社

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大