その他

悠久の時を超えて

HIROSHIMA HAPPY NEW EAR Ⅹ

0 お気に入りチラシにする

その他

HIROSHIMA HAPPY NEW EAR Ⅹ

悠久の時を超えて

ひろしまオペラ・音楽推進委員会

アステールプラザ オーケストラ等練習場(広島県)

2011/10/20 (木) ~ 2011/10/20 (木) 公演終了

上演時間:

・ 笙独奏「調子」 
演奏:宮田まゆみ(笙)
雅楽には古来、季節や方位、色など、森羅万象を映す「調子」という曲があります。この作品は、秋の空に白く輝く月を想わせる、凛として雅やかな調べを漂わせます。

・ リコーダーと笙のための「軍鶏」 
作曲:川上 統  演奏:宮田まゆみ(笙)、鈴...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/20 (木) ~ 2011/10/20 (木)
劇場 アステールプラザ オーケストラ等練習場
出演 細川俊夫、宮田まゆみ、鈴木俊哉
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 前売2,500円 学生 前売1,500円(当日は500円増)
サイト

http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/opera/music/index.html#happy10

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ・ 笙独奏「調子」 
演奏:宮田まゆみ(笙)
雅楽には古来、季節や方位、色など、森羅万象を映す「調子」という曲があります。この作品は、秋の空に白く輝く月を想わせる、凛として雅やかな調べを漂わせます。

・ リコーダーと笙のための「軍鶏」 
作曲:川上 統  演奏:宮田まゆみ(笙)、鈴木俊哉(リコーダー)
出で立ちと好戦的な性格の割には、かなりコミカルな動きをする軍鶏。「羽毛のような部分」を笙、「威嚇する声や逞しい脚」をリコーダーとして構想され、けたたましく鳴きつつ、コミカルに気品のある軍鶏をリコーダーと笙の二重奏で表現しています。

・ さくら オットー・トーメック博士の80歳の誕生日に
編曲:細川俊夫  演奏:宮田まゆみ(笙)
日本の古謡「さくら」を笙独奏に編曲したもの。雅楽「調子」をモデルにメロディーを   ハーモニーの奥底にひそかに埋め込むよう作曲された作品です。戦後ドイツの現代音楽において、かけがえのない存在であるオットー・トーメック氏の80歳の誕生日のお祝いのために書かれました。

・ 風によって運ばれた対蹠地からの手紙
作曲:サルヴァトーレ・シャリーノ  演奏:鈴木俊哉(リコーダー)
極度に対照的な高音域のラクスター(音塊)と風音。あるいは揺らぐ風音。そして下降する四分音やグリッサンドなどが、増殖するかのように現れ、交差しながら消えていきます。あたかも、ある現象を一つの視点から観察しているようです。

・ 鳥たちへの断章Ⅲb
作曲:細川俊夫  演奏:宮田まゆみ(笙)、鈴木俊哉(リコーダー)
「鳥たちへの断章」シリーズは、日本の盲学校の子どもたちが創った「鳥」をテーマとした彫刻作品への感動から生まれました。鳥を一度も見たことがない子どもたちが、心の中の「鳥たち」を粘土に触りながら表現するように、作曲者は鳥が飛翔するというイメージを、音に触りながら、音楽の「かたち」を表現しようと試みました。この曲は、笙とフルートのための「鳥たちへの断章Ⅲ」を笙とリコーダー版に再編したものです。

以上の作品を含め、全8曲を演奏をお届けします。
その他注意事項 未就学児のご入場はご遠慮いたします。
アフター・トークがあります。
スタッフ

[情報提供] 2011/10/02 22:14 by ひろしまオペラ・音楽推進委員会

[最終更新] 2011/10/02 22:17 by ひろしまオペラ・音楽推進委員会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大