演劇

第8回公演

雪月歌

デザイン:東海林有布

0 お気に入りチラシにする

演劇

第8回公演

雪月歌

鮭スペアレ

ザムザ阿佐谷(東京都)

2011/12/08 (木) ~ 2011/12/11 (日) 公演終了

上演時間:

気が付くと男は海の中にいた。どうやら男は海にのまれて海中にやってきたらしい。男は悩む。 なぜ自分は海にのまれなければならなかったのか。なぜ志半ばで死ななければならないのか。自分にはなんの罪があるというのか。生と死の境目の男は、幻なのか、記憶の発露か、海中で3人の女たちと出会う。クラゲ(海月・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

2011年12月 8日~11日 ザムザ阿佐谷にて 

公演詳細

期間 2011/12/08 (木) ~ 2011/12/11 (日)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 宮川麻理子、清水いつ鹿、林みなみ、小暮裕介、久世龍五郎、中江俊介、葉湖芽(ウタイ)、江黒仁美(ウタイ)、角智恵子(ウタイ)、山本裕子(ウタイ)、片ひとみ(ウタイ)、中込遊里(ウタイ)、佐々木邦夫(マンドリン)、松岡祐子(パーカッション)、石渡響子(バイオリン)、西方俊介(フルート)、五十部裕明(ピアノ)
脚本 中込遊里
演出 中込遊里
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/10/08
全席自由 3000円/学生 2000円
サイト

http://www.syakespeare.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 気が付くと男は海の中にいた。どうやら男は海にのまれて海中にやってきたらしい。男は悩む。 なぜ自分は海にのまれなければならなかったのか。なぜ志半ばで死ななければならないのか。自分にはなんの罪があるというのか。生と死の境目の男は、幻なのか、記憶の発露か、海中で3人の女たちと出会う。クラゲ(海月・水母)、マリンスノー(海雪)などのモチーフが散りばめられた幻想的な海中が舞台。人の生きられぬ世界にこそ生きる命たちを前にして、いかにして人は自分の生に向き合うのか。命の根源である海の中で、海雪の一粒となって消えていくまでの男を描く、鮭スペアレ版・鎮魂歌。


『鮭スペアレの演劇は音楽となる』
2005年、鮭スペアレ設立時の理念は、「ただ生身の人間(俳優)がそこにいて、生身の人間(観客)に出会う」場としての演劇を目指すものであった。今生きて存在している人間の身体と声――この重要性は普遍である。そこにひょこっと、別の「声」が入り込んできた。楽器による音――彼らは伴奏ではなく、人間の声とは違った音を出して役を演じる。テクストという楽譜をもとに、体、声、音は一体となって、演劇だけが成し得る時空間を構成する。こうして出来たのは一つの『曲』、そしてそれが鮭スペアレの演劇である。さあ、この空間を聞きに、時間を見に、劇場へ!
その他注意事項
スタッフ 【照明】 太田奈緒美
【舞台美術】 松岡祐子/松原このみ
【宣伝美術】 東海林有布/飯塚世奈
【制作】 大村みちる/松本いろは
【協力】 演劇組織「夜の樹」/久世龍五郎 and circustik orchestra

[情報提供] 2011/10/01 00:21 by ちるちる

[最終更新] 2012/01/11 03:20 by ちるちる

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ちるちる

ちるちる(12)

癒し系の制作です・・・!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大