演劇

CAP企画vol.5

A-15 ~アイゴ~

デザイン:鶴見直斗

0 お気に入りチラシにする

演劇

CAP企画vol.5

A-15 ~アイゴ~

CAP企画

劇場MOMO(東京都)

2012/02/28 (火) ~ 2012/03/11 (日) 公演終了

上演時間:

都内の少し外れにあるシェアハウス【A-15】。通称アイゴ。
ここは誰でも入居できるのではなく、
大切なものとの何かを見失ってしまった人を主に受け入れている。

人は常に必死に生きています。
必死に大切なもののために生きています。
家族、友達、恋人、仲間、国、民族、夢、お金、自分…e...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/28 (火) ~ 2012/03/11 (日)
劇場 劇場MOMO
出演 金恵玲、安岡和弘、森田兼史、中山佑太、川田友紀、保土田充、西本桃、西山聖了、佐藤衣里子、北川宏美、木原梨里子、栗林真弓、小関佳奈子、吹上かずき、相原えみり、パク・チュンソン
脚本 鄭光誠(チョン・ガンソン)
演出 鄭光誠(チョン・ガンソン)
料金(1枚あたり)
【発売日】2012/01/23
前売¥3,200[税込]
当日¥3,500[税込]
サイト

http://www.cap-kikaku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 都内の少し外れにあるシェアハウス【A-15】。通称アイゴ。
ここは誰でも入居できるのではなく、
大切なものとの何かを見失ってしまった人を主に受け入れている。

人は常に必死に生きています。
必死に大切なもののために生きています。
家族、友達、恋人、仲間、国、民族、夢、お金、自分…etc
人によって大切なものは様々です。
しかし、必死に生きるからこそ忘れてしまう大切なものとの何か。
手に入れるのは大変だけど、失うのはあっという間。
この物語は、大切なもののために必死に生きる人たちと大切なものとの絆の話。

ちなみに、
アイゴとは、朝鮮半島で喜怒哀楽の感情を表現する感嘆語である。
その他注意事項 開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
スタッフ 照明:朴秀徳(有)日高舞台照明
音響:松丸恵美
舞台美術・監督:杜江良
制作:CAP企画/安達圭祐
宣伝美術:鶴見直斗(KENプロデュース)

[情報提供] 2011/09/28 07:52 by チョン・ガンソン

[最終更新] 2012/03/12 15:52 by チョン・ガンソン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

森田兼史

森田兼史(0)

断固たる決意と誠意を持って作品にぶつかってます! 全...

桃

(0)

役者で参加してます西本桃と申します。 絶対に面白い作...

相原えみり

相原えみり(0)

相原えみりです!今回CAP企画に初参加ですがキャストと...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大