鉛の夜 世界の樹

0 お気に入りチラシにする

ナントカ世代

アトリエ劇研(京都府)

2011/12/02 (金) ~ 2011/12/04 (日) 公演終了

上演時間:

がらんどうの町にはただ一つしか灯りがなく、
それも一所には留まらない。

灯りを求めて開かれる酒場には何もない。(ただし、コップはある)

女主人と常連の女/
世界樹の葉をどうにか手に入れてやろうと算段をする男。

若者が酒場を訪れるところから、話は始まらない。

何しろ酒...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/02 (金) ~ 2011/12/04 (日)
劇場 アトリエ劇研
出演 浦島史生、延命聡子、首藤慎二、真野絵里
脚本 北島淳、(原作/ハンス・ヘニー・ヤーン「鉛の夜」)
演出 北島淳
料金(1枚あたり) 1,200円 ~ 2,500円
【発売日】2011/10/21
前売1500円、当日2000円、ペア前売2500円
学生前売1200円、学生当日1500円
※初日に限り全前売料金から300円引(予約のみ取扱)
サイト

http://sedai.main.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 がらんどうの町にはただ一つしか灯りがなく、
それも一所には留まらない。

灯りを求めて開かれる酒場には何もない。(ただし、コップはある)

女主人と常連の女/
世界樹の葉をどうにか手に入れてやろうと算段をする男。

若者が酒場を訪れるところから、話は始まらない。

何しろ酒場の棚には、若者がかつて歩いてきた
漆黒と同じだけの絶望しか用意されていないからだ。

男が若者に告白する。
「君は、10年前の僕だ。」

迫り来る鉛のような闇の中で若者が行う否定に、
おおよそ期待どおりの価値しかないことはみんな分かっている。

やがて灯りは消えて、移ろう。

町は、もう、
その輪郭すら
おぼつかない。

残されるのは、
がらんどうの若者と、
がらんどうの劇場だけだ。

----
ナントカ世代⑪の原作は、
20世紀で最も重要な、
知られざる作家、ハンス・ヘニー・ヤーン。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】釈迦谷智
【美術】丸山ともき
【照明】真田貴吉
【メイク】たかつかな(何色何番)
【制作】作田京子

[情報提供] 2011/09/25 18:22 by Jun Kitajima

[最終更新] 2011/12/05 19:37 by Jun Kitajima

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

首藤慎二

首藤慎二(0)

お初にお目にかかります。初ナントカ出演します。よろしく...

Jun Kitajima

Jun Kitajima(0)

演出

ナントカ世代も11回目です。ちなみに今年は2011年で...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大