演劇

オリガト・プラスティコVol5

龍を撫でた男

0 お気に入りチラシにする

演劇

オリガト・プラスティコVol5

龍を撫でた男

オリガト・プラスティコ

本多劇場(東京都)

2012/02/03 (金) ~ 2012/02/12 (日) 公演終了

休演日:2/6

上演時間:

怪女優広岡由里子と私のユニットであるオリガト・プラスティコ、5回目の公演である。 オリガトでは毎度、かなり偏った、個人的好みで演目をチョイスさせてもらっている。
もちろん決定する前に広岡の検閲が入るわけだが。
今回も、無事広岡の圧倒的賛同を受け、なかなかよそでは観ることのできない作品の上演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/03 (金) ~ 2012/02/12 (日)
劇場 本多劇場
出演 山崎一、広岡由里子、緒川たまき、赤堀雅秋、大鷹明良、田原正治、佐藤銀平、猪俣三四郎
脚本 福田恆存
演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 5,800円
【発売日】2011/12/03
前売り\5,500/当日\5,800(全席指定・税込)
サイト

http://www.morisk.com/plays/ryu_index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 怪女優広岡由里子と私のユニットであるオリガト・プラスティコ、5回目の公演である。 オリガトでは毎度、かなり偏った、個人的好みで演目をチョイスさせてもらっている。
もちろん決定する前に広岡の検閲が入るわけだが。
今回も、無事広岡の圧倒的賛同を受け、なかなかよそでは観ることのできない作品の上演が実現した。
巨匠、福田恆存の代表作「龍を撫でた男」。初演は昭和27年(文学座)。
十年前に不慮の事故で子供二人を亡くした、倦怠気味の精神病医夫妻。孫の死で彼の母親は発狂。同居している妻の弟は情緒不安定。ある元旦の午後、友人の劇作家が、女優である妹を伴って夫妻の家を訪れる――。 そんな風にして始まる、怪しくてエロティックで、とんでもなくヘンテコリンな戯曲である。60年も前に、福田さんてヒトは、なんたること考えていたんだろう…。
こんな舞台、今やっちゃってもいいんだろうか。まあ、やっちゃうんだけど。

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/09/21 00:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/29 22:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大