演劇

なにもない空間からの朗読会 

やなぎみわ『1924前夜』

フェスティバル/トーキョー実行委員会

自由学園明日館 講堂(東京都)

2011/09/24 (土) ~ 2011/09/24 (土) 公演終了

上演時間:

そこに人がいて「ことば」があれば、時間と空間が立ち上がり、私たちは何かを共有することができるかも知れない-。

私たちは何を語ることができるのか?
F/T11を貫くこの問いかけに、過去3回のF/Tに参加したアーティスト有志が応答。「何もない空間から」をコンセプトに、一夜限りの朗読会を、都...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/24 (土) ~ 2011/09/24 (土)
劇場 自由学園明日館 講堂
出演 やなぎみわ、あごうさとし、伊藤千鶴、おねこ、恩田好子、金子優子、木村美那子、酒井文子、八谷きみこ、峯岸のり子、村松えり、渡部真由子
脚本
演出 やなぎみわ
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
無料(開演1時間前より会場にて整理券を配布。開場は15分前)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/Nanimonai/about.html#01

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 そこに人がいて「ことば」があれば、時間と空間が立ち上がり、私たちは何かを共有することができるかも知れない-。

私たちは何を語ることができるのか?
F/T11を貫くこの問いかけに、過去3回のF/Tに参加したアーティスト有志が応答。「何もない空間から」をコンセプトに、一夜限りの朗読会を、都内各所でリレー開催します。参加するアーティスト10名はそれぞれ、詩、戯曲、小説、あるいは自作のテキストなどを選定。さらに、都市の中に「なにもない空間」を見出し、その場、その時限りの朗読会を作り出します。そこに響く言葉、声、そして身体の力を媒介に、私たちは失われたものに思いをはせ、未来に向けて生み出されるものへと連帯を深めることになるでしょう。

朗読会の様子は、そこに集う来場者のみならず、UST中継によって、この言葉と時間を必要とする人たちに広く届けられることを目指します。

2011年秋を静かに紡ぐ、特別な時間と空間に、ぜひお立ち会いください。


朗読テキスト:1920年代東京の新興芸術家たちの言葉

やなぎみわ演劇公演三部作「1924」。
第一部「1924Tokyo−Berlin」は京都国立近代美術館にて好評のうちに終演、続く第2部「1924海戦」は、11月3日から神奈川芸術劇場で上演予定です。
この舞台は、1924年、関東大震災の翌年に日本で初めての新劇のための築地小劇場を創設した芸術家たちをめぐる物語です。
登場人物は、土方与志、小山内薫、村山知義など。前衛に挑む彼らの震災後の奮闘をたどります。
今回の読書会では、彼らの不眠不休の疾走に、新しい女と言われた林芙美子ら、女流作家の言葉が伴走します。
長い酷暑の終り、1920年代の東京に短くも激しく煌めいた新興の芸術家たちの言葉を読みたいと思います。
やなぎみわ
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/09/16 19:39 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/30 21:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大