桃ノ木高原SA 公演情報 桃ノ木高原SA」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-4件 / 4件中
  • 満足度★★★

    フレッシュ!!
    MONOの土田英生氏の作品ということで行った感はありましたが、いわゆる役者養成所の卒業公演的なものでした。

    ストーリーはとある高速道路のサービスエリア(SA) そこで たまたま出会った それぞれの事情をもった3組のお話でした。

    コメディタッチで進んでいきますが、ちょっぴりサスペンス的な要素もあったりして、でも なかなか楽しい感じのつくりになっています。

    役者さんも これからの演劇界を担う 若手たちの精一杯の演技をこれからも応援したい気持ちになりました。

    会場の誘導などもスムーズで気持ちが良かったです。

  • 満足度★★★

    人生の荷物は重たい・・・♪
    本は仲々面白かったが、もう一捻り欲しいかな♪
    DVを受けている4人が普通過ぎて、殆ど毎日殴られているのだからアザや包帯していればリアルだったのに♪
    あとは間が悪いな♪

  • 満足度★★★★

    なかなか楽しめたサスペンス風コメディ
     桃ノ木高原SAに居合わせる3組の人間たち。これが皆、奇妙で訳あり。サスペンス風味も盛り込んで展開されていくコメディは、なかなか楽しめた。

     ただ、脚本は素直で好感が持てるものの、捻りがもう一歩で、私はすっかり先読みができ、すべて先読み通りにエンディングを迎えたのは、やや物足りなかったが、出演陣は卒業公演らしく気合が入っていて、皆、いい味を出していたと思う。

     

    ネタバレBOX

     何故か、いつまでもサービスエリアに居続ける気持ち悪いほど仲の良い姉妹。この姉妹が一番アブノーマルであり、たぶん、最後に明らかになるであろう結末は、この姉妹二人に絡んでくるとであろうことは容易に解った。

     何かを運搬中の謎の男二人組は、腕に喪章らしきものをはめているので、いくら派手な格好でも、この2人は一風変わった葬儀社の社員で、運んでいるのは、もちろん遺体であることも容易に解る。

     それぞれ夫にDVを受けている妻たちの「ノラの会」4人組のバトルはなかなかお見事で、役者陣も皆、いい味出していた。

     ただ、途中、皆でゲームをするシーンは、間延びしていて凡長。あと、演技は全体的には良かったが、もう一歩、「間}の取り方がやや緩さを感じた。もう少し、躍動的に、スピード感があった方が、より引き締まったのではないかと思う。

     ☆は役者陣の演技に関しては4個。脚本・演出は3個。平均して3個半というところだが、卒業公演でもあり、繰り上げ4個としました。

     
  • 満足度★★★

    人間だもの
    「いるよなぁ」って人達のダメダメさをクローズアップして見せる人間臭い登場人物たち。でも卑近なエピソードに混じって、スッと壮大な事が話に出てきたりして奥深い。ゲラゲラ笑って観劇したあとに、等身大の自分を改めて肯定出来る様な元気をもらえるシチュエーションコメディ。ENBUゼミの卒業公演とのことで役者さん達の固さはあるものの、脚本演出の力もあって役とマッチしてるなと感じて好感触。

    ネタバレBOX

    前説の女性が前口上のあと、自身のエピソードを交えながら「個々人には個々人の事情がありますよね」と導入して始まる。舞台は人もまばらなとあるサービスエリア。壁には最近近所から出土した桃の木原人の絵が貼ってあったりする。登場するのは遺体を運んでる途中に車が故障した葬儀屋の男二人組。いつまでもサービスエリアに居続ける姉妹。夫のDVから開放されようと集まった主婦4人。主婦達は夫から逃れようとドライブの途中、4人の所持金が高速料金が足りずに困惑している。付近が騒がしいのは、近所で死体が見つかったから。

    勿論、個々の事情・状況は序盤は謎に包まれており物語が進むにつれて徐々に明らかになる。でもどうだろう、このワクワクするようなシチュエーション。特に夫のDVから逃れたい主婦達の話が面白い。暴力はイヤだけど、夫は本当は自分を愛してると信じて不幸だか幸せだかわからない自慢合戦を展開する風景は秀逸。終盤、姉妹が自分達の交際していた男を殺して埋めていた(それが最近発見された)ことが明らかになる。そして相関して、「人間の肉体はどのくらいで骨になるのか」や「自分の何代前が原人なんだろう」といった、人類の根源みたいな壮大な話が挿入される。やはりコメディの魅力の大きな要因は「共感」だと思う。自分もそうだなぁ、とか、周囲にこういう人いるよなぁを大きく取り上げることで、笑いも物語も深まる。土田さんの脚本には愛と笑いが満ちてるなぁ。

このページのQRコードです。

拡大