演劇

teamりんくす vol.1 

賢治島探検記

デザイン:森すみれ

0 お気に入りチラシにする

演劇

teamりんくす vol.1 

賢治島探検記

teamりんくす

MAKOTOシアター銀座(東京都)

2011/11/05 (土) ~ 2011/11/06 (日) 公演終了

上演時間:

――なぜそう言い切れるんです。
――存在しなかったら、淋しいからです。

▲ストーリー
宮沢賢治を研究するゼミの一行が、ある街にやってきた。
教授は、その場所が「賢治島」であると言う。
しかし、学生の一人は納得できない。「賢治島」とは何なのか?
教授は自説を確かめるため、学生たち...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/05 (土) ~ 2011/11/06 (日)
劇場 MAKOTOシアター銀座
出演 柚木茉季(劇団フォーサム)、飯田真人(劇団たくあん)、下田優、伊原ゆみ子、北村紗知子(劇団たくあん)、渡邊数馬(劇団しまぽらね)、小原彩歌(劇団しまぽらね)、甫坂茂行(劇団しまぽらね)、澤部遼子、高村裕太郎(劇団また旅)、中村和彦(劇団たくあん)
脚本 成井豊(演劇集団キャラメルボックス)
演出 水島智穂(DearSTEPS)
料金(1枚あたり)
【発売日】
【チケット代自由】
本公演は無料でご予約、ご入場いただけます。
当日、終演後にお好きな金額をお支払いください。
なお、当日券もございますが、お席に限りがありますので、
できるだけ事前にご予約ください。
サイト

http://links.main.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ――なぜそう言い切れるんです。
――存在しなかったら、淋しいからです。

▲ストーリー
宮沢賢治を研究するゼミの一行が、ある街にやってきた。
教授は、その場所が「賢治島」であると言う。
しかし、学生の一人は納得できない。「賢治島」とは何なのか?
教授は自説を確かめるため、学生たちと芝居を始める。

▲作品解説
『賢治島探検記』は、演劇集団キャラメルボックスによって、
「路上でもできる芝居」をコンセプトに作られた脚本です。
宮沢賢治の童話をオムニバスで上演する形式になっています。
東日本大震災ののち、「原点に還ろう」と、この脚本の貸し出しが発表され、
今公演もその呼びかけをきっかけに始まりました。
その他注意事項 劇場のお手洗いは2つ(男女共用)です。
開演直前は混雑が予想されますので、事前に駅などのお手洗いをご利用ください。
ホームページでは、駅以外で入りやすい(?)お手洗いも掲載しています。
スタッフ 音楽 / 飯島超
音響効果 / 飯島和子
照明 / 小寺俊弘
舞台監督 / 小原彩歌
制作 / 園田千佳(劇団たくあん)
協力 / 反中望(劇団たくあん) 中村貴之

デザイン / 森すみれ(鳥公園)

製作 / 中村和彦

[情報提供] 2011/09/11 08:39 by かなりぃ

[最終更新] 2011/10/25 13:02 by かなりぃ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ちぃ

ちぃ(1)

頑張ります♪

その

その(0)

制作で参加しています!よろしくお願いします☆

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大