祈りのジュピター

デザイン:【イラスト】渡邉景子 【デザイン】佐藤希(Andem)

0 お気に入りチラシにする

獣珍

ワーサルシアター(東京都)

2012/01/25 (水) ~ 2012/01/29 (日) 公演終了

上演時間:

この国には、経済破綻に伴い起死回生の国家事業がある。
遠く無い未来、カルマシステムの開発により、機械は個性を手に入れた。
スーパーコンピューターとアンドロイドによって管理された実験都市「ハロータウン 」。
住人は幸せな生活を妖精(アンドロイド)によって約束されていた。
その社会システム...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/25 (水) ~ 2012/01/29 (日)
劇場 ワーサルシアター
出演 下地拓也、鈴木秀司、余田尚章、中村崇人(以上、獣珍)、水川美波、谷澤佑実、高木茜、小太刀賢、藤江理沙、山上咲、江花明里、大谷憲一郎(ジーモ・コーヨ!)、氏家綾乃、大元孝夫
脚本 中村崇人
演出 中村崇人
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/12/23
前売:2,800円
当日:3,000円
リピーター:1,000円
サイト

http://jyuuchin.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この国には、経済破綻に伴い起死回生の国家事業がある。
遠く無い未来、カルマシステムの開発により、機械は個性を手に入れた。
スーパーコンピューターとアンドロイドによって管理された実験都市「ハロータウン 」。
住人は幸せな生活を妖精(アンドロイド)によって約束されていた。
その社会システムを外国に売る事こそが、この国最後の希望であった。

舞台はハロータウンの神社の鳥居前。そこに主人公の女子学生と妖精がいる。
女子学生の名は飛鳥。父はカルマシステムの開発者だった。
その父は3年前から行方不明である。
飛鳥は決めていた、父を捜しにこの町を出る事を。
町を出たら最後、国家機密である ハロータウンには戻れない。
飛鳥は苦しむ、大好きな妖精と別れるその日の事を思いながら。大好きな町、ハロータウンを思いながら。

これは、人間と機械との新しい関係の物語。
獣珍が贈るSFミステリーは、ちょっと奇抜でちょっと切ないアトラクション。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:中村崇人
演出助手:野中さやか
舞台監督:熊木進
照明:内山唯美(劇団銀石)
音響:林あきの
舞台写真:奥山郁
フライヤーイラスト:渡邉景子
制作:佐藤希(Andem)
制作協力:石井恵利華(Andem)
協力:プレステージ
企画製作:獣珍

[情報提供] 2011/09/10 20:55 by nozomisato

[最終更新] 2012/01/11 18:06 by nozomisato

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

たえ

たえ(0)

当日制作です、宜しくお願いします。

えりか

えりか(1)

当日制作です。

さやか

さやか(0)

過去何度か獣珍に出演させて頂きましたが、今回は演出助手...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大