ミュージカル

宝塚グランド・ロマン

-伊藤桂一作「落日の悲歌」より-

ミュージカル

宝塚グランド・ロマン

我が愛は山の彼方に

-伊藤桂一作「落日の悲歌」より-

宝塚歌劇団

日本特殊陶業市民会館(愛知県)

他劇場あり:

2011/11/22 (火) ~ 2011/11/23 (水) 公演終了

上演時間:

宝塚グランド・ロマン
『我が愛は山の彼方に』-伊藤桂一作「落日の悲歌」より-
脚本・演出/植田紳爾

[解 説]
 1971年初演時に絶賛を浴び、1984年の再演時には芸術祭優秀賞を受賞した秀作。10世紀中葉、朝鮮半島を支配していた高句麗と、隣国の女真国との戦いの中、女真国に囚われた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/22 (火) ~ 2011/11/23 (水)
劇場 日本特殊陶業市民会館
出演 霧矢大夢、蒼乃夕妃、ほか
作曲
脚本 植田紳爾
演出 植田紳爾
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 7,000円
【発売日】2011/09/18
S席7,000円、A席5,000円、B席3,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/243/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 宝塚グランド・ロマン
『我が愛は山の彼方に』-伊藤桂一作「落日の悲歌」より-
脚本・演出/植田紳爾

[解 説]
 1971年初演時に絶賛を浴び、1984年の再演時には芸術祭優秀賞を受賞した秀作。10世紀中葉、朝鮮半島を支配していた高句麗と、隣国の女真国との戦いの中、女真国に囚われた高句麗の娘・万姫と、万姫に思いを寄せる二人の武将―万姫の婚約者・朴秀民と、女真国の将軍・チャムガの愛と葛藤を描いた作品。


ショー・スペクタクル
『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
作・演出/中村暁

[解 説]
 “Romanesque”とは、小説のように数奇的、情熱的であるさま、という意味。「ダンスが一瞬を永遠に変える」というテーマのもと、若さと活気に満ちた群舞、ストーリー・ダンスなど、様々なダンス・スタイルで構成した、情熱的で躍動感溢れるショー。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/09/02 20:07 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/02 20:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大