演劇

秋の劇場[あしたの劇場]

ふたごの星

座・高円寺

座・高円寺1(東京都)

2011/09/02 (金) ~ 2011/09/17 (土) 公演終了

休演日:9/4,7,11,14

上演時間:

誰かがきっと見ていてくれる

天の川の西の岸、水晶でできたちいさなお宮に、
チュンセ童子とポウセ童子というふたごのお星さまが住んでいます。
毎晩お宮の前に座って、
一晩中、星めぐりの歌にあわせて笛を吹くのがふたりの役目。
ある朝、役目を終えた二人が、空の泉に遊びに行くと、
大烏が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/02 (金) ~ 2011/09/17 (土)
劇場 座・高円寺1
出演 久保恒雄、重盛次郎、北川響、山本称子※、服部容子※
脚本 佐藤信
演出 佐藤信
料金(1枚あたり) 500円 ~ 4,000円
【発売日】2011/07/01
全席自由 
大人(18歳以上) 3,000円(税込)
子ども 2,000円(税込)
未就学児 500円(税込)
「なみちけ」ご使用になれます
※星めぐりセット券(『ふたごの星』と『旅とあいつとお姫さま』2作品をご覧いただけます。前売りのみ、劇場チケットボックス窓口のみ取扱い)
大人(18歳以上) 4,000円
子ども 3,000円
未就学児 500円

※購入時に「世界をみよう!」のチケット半券をご持参いただければ、半券1枚でお一人様1ステージ分の料金から500円を割引きします(劇場チケットボックス窓口のみ取扱い)

※すぎなみ子育て応援券がご利用になれます。
サイト

http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=488

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 誰かがきっと見ていてくれる

天の川の西の岸、水晶でできたちいさなお宮に、
チュンセ童子とポウセ童子というふたごのお星さまが住んでいます。
毎晩お宮の前に座って、
一晩中、星めぐりの歌にあわせて笛を吹くのがふたりの役目。
ある朝、役目を終えた二人が、空の泉に遊びに行くと、
大烏が泉の水を飲みに来ました。
そこへ乱暴者の蠍もやってきて……。

毎日を繰り返しながら、
私たちはたくさんの人と出会います。
誰かと出会うこの一瞬が、
ずっと先の自分の人生につながっていきます。
毎日は誰かのために、
毎日は自分のために。
チュンセとポウセの童子たちの姿に、
そんなことを感じるお芝居です。
その他注意事項 ※劇場創造アカデミー1期生出演。公演日により、出演が替わります。
スタッフ 原作:宮沢賢治
美術:tupera tupera
音楽:KONTA
照明:齋藤茂男
音響:島猛
衣装:STORE
舞台監督:津田光正

[情報提供] 2011/08/31 20:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/06 22:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大