舞踊・バレエ

イデビアン・クルー新作公演 

『出合頭』DEAIGASHIRA

イデビアン・クルー

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川県)

2011/10/25 (火) ~ 2011/10/30 (日) 公演終了

上演時間:

人と人がぶつかる 「出合う」
もしくは衝突する 「カラダ」
まさかの大惨事 「踊りだす」
―結成から20年、節目となる次回作は“人と人が出合う瞬間”を描写する―


1991年、井手茂太を中心としてダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を結成。1995年に『イデビアン』で旗揚げ公演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/25 (火) ~ 2011/10/30 (日)
劇場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
出演 井手茂太、斉藤美音子、中尾留美子、宮下今日子、依田朋子、佐藤亮介、中村達哉、原田悠
演出 井手茂太
振付 井手茂太
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,000円
【発売日】2011/09/01
(全席指定・税込)
[前売]一般:4,500円 学生:3,000円
[当日]一般:5,000円 学生:3,500円
※学生チケットは川崎市アートセンターのみ取扱い、要学生証提示。
サイト

http://kawasaki-ac.jp/theater-archive/111025/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人と人がぶつかる 「出合う」
もしくは衝突する 「カラダ」
まさかの大惨事 「踊りだす」
―結成から20年、節目となる次回作は“人と人が出合う瞬間”を描写する―


1991年、井手茂太を中心としてダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を結成。1995年に『イデビアン』で旗揚げ公演を行う。以後、独自の解釈に基づいた音楽、身振り、空間構成により、バレエから日本のお葬式まで多様なモチーフを作品にしてきた。
日常の何気ない一コマや日常に潜む動きや視線、人間関係を切り取り、奇想天外なダンスでみせるイデビアン・クルーの世界は、日本のコンテンポラリーダンスの中でもひときわ異彩を放つ存在として注目を集めている。また、無音の中でのアイコンタクトが生みだす奇妙な間合いや、無表情で能動的に動くダンサーの怪しげな雰囲気、ダイナミックな音楽で縦横無尽に空間を行き交う群舞も、作品の特徴である。国内はもとより、イギリス、ドイツ、フランス、アメリカなど、海外でも活躍。また、異分野のアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組み、2002年『くるみ割り人形』では美術家の椿昇と、2003年『理不尽ベル』ではミュージシャンのASA-CHANG&巡礼と、共同で作品創作を試みている。
その他注意事項 ※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
スタッフ 舞台監督:大川裕
照明:齋藤茂男
音響:島猛
衣装:堂本教子
美術:伊藤雅子
宣伝美術:ten pieces
企画制作:days
制作協力:NPO法人アートネットワーク・ジャパン

[情報提供] 2011/08/28 05:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/10/29 00:05 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大