演劇

カジバカヂカラ旗揚公演

Still my HERO

カジバカヂカラ

小劇場てあとるらぽう(東京都)

2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日) 公演終了

上演時間:

今から15年前、1996年。

突如として宇宙空間から地球に飛来し、人間を襲い始めた謎の生物「ファントム」。

人間型の俊敏な生物との戦闘には大規模な兵器は向かず、

パワードスーツを着た自衛官が白兵戦で応戦することとなった。

初代迎撃官、世界初「本物のヒーロー」の誕生である...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日)
劇場 小劇場てあとるらぽう
出演 長谷川滋大、冨永裕司(ジョリー・ロジャー)、三上真由、山崎努、田中舞、梅川岳大、大園可奈恵、續木淳平、清水隆也、豊田雅美(LASKentertainment)、辻谷嘉真(IDOタレントオフィス)
脚本 青木仁史
演出 青木仁史
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2011/10/01
サイト

http://kajibaka.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今から15年前、1996年。

突如として宇宙空間から地球に飛来し、人間を襲い始めた謎の生物「ファントム」。

人間型の俊敏な生物との戦闘には大規模な兵器は向かず、

パワードスーツを着た自衛官が白兵戦で応戦することとなった。

初代迎撃官、世界初「本物のヒーロー」の誕生である。


技術大国日本で開発されたヒーロースーツは非常に高性能で、

飛来するファントムよりもわずかに戦闘力に勝っていた。

いつしかヒーローは必ず勝つという「お約束」が定着し、

大衆がファントム迎撃をテレビニュースの娯楽として楽しむようになっていた頃、

悲劇は起こる。

小学生の少女がファントム迎撃中の戦闘区域に巻き込まれ、

あわやというところでヒーロースーツ装着前の迎撃官に救出される。

任務の特性上、迎撃官の素性を極秘としていた自衛隊では対応に追われ、

やむなく初代迎撃官に責任を押し付け闇に葬った。


現在、2011年。

ファントム迎撃の為の機関はWHO(世界ヒーロー機構)として各国に展開し、

その本部は日本に置かれている。

迎撃官の地位や装備も向上が図られ、ヒーロー任務は任期制の名誉職になりつつあった。

現在ファントムは主にヨーロッパに飛来しており、WHO本部は緊張感を失っていた。



そんなある日、ファントム飛来の緊急警報が鳴り響く・・・。
その他注意事項
スタッフ 照明 古川 睦子
音響 Marcy伊藤
舞台美術 大宮工房
宣伝美術 mau
舞台監督 相川 五郎
制作 カジバカヂカラ制作部 
殺陣 UTJ

[情報提供] 2011/08/25 11:07 by カジバカヂカラ制作部

[最終更新] 2011/12/28 07:36 by カジバカヂカラ制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

カジバカヂカラ制作部

カジバカヂカラ制作部(0)

旗揚げ公演の本作は、俳優達が体に鞭打ち殺陣を繰り広げる...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大