演劇

うずめ劇場 第25回公演 

エレベーターの鍵

うずめ劇場

レインボースタジオ (東京都)

2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日) 公演終了

上演時間:

アゴタ・クリストフによって、1977年に書かれた作品。これを、旧東ドイツ出身のドイツ人演出家ペーター・ゲスナーが、独自の視点で演出する。

この戯曲は「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」の三部作で小説家としての名声を評価を確立した作者が残した、9篇の戯曲のひとつである。

このとこ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/25 (金) ~ 2011/11/27 (日)
劇場 レインボースタジオ
出演 松尾容子、藤沢友、荒牧大道
脚本 アゴタ・クリストフ
演出 ペーター・ゲスナー
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/09/01
一般 3,000円 学生 2,000円 前売・当日共  
サイト

http://uzumenet.com/net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アゴタ・クリストフによって、1977年に書かれた作品。これを、旧東ドイツ出身のドイツ人演出家ペーター・ゲスナーが、独自の視点で演出する。

この戯曲は「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」の三部作で小説家としての名声を評価を確立した作者が残した、9篇の戯曲のひとつである。

このところ「結婚していても孤独」という女性の声をよく聞くが、そうした女性の孤独や老いへの恐怖、また男女間の愛憎が、緊密な構成、スピーディーな展開で描かれている。

ほとんどがモノローグという難しい役どころに、うずめ劇場最古参の女優松尾容子が挑戦。

【あらすじ】
都会から遠く離れた、昔のおとぎ話に出てくる、お城のような家に暮らす女性。
ある日森を散策していると、彼女は突然森の番人に出会い、怖れを感じる。話を聞いた夫は、彼女の身を案じて、唯一の外出の手段であるエレベーターの鍵を取りあげてしまう。
毎晩帰ってくる夫を、ひとり部屋の中で待つ彼女の思いは、どこに向かうのか?
その他注意事項
スタッフ 翻訳/堀 茂樹「怪物 アゴタ・クリストフ戯曲集」(早川書房刊)より
舞台美術/内山勉、照明/桜井真澄、イメージイラスト/笹野茂之

[情報提供] 2011/08/24 22:34 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/11/27 11:41 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大