演劇

川島潤哉による一人演劇

魔

デザイン:本井博之

0 お気に入りチラシにする

演劇

川島潤哉による一人演劇

コテン(川島潤哉)

APOCシアター(東京都)

2011/11/10 (木) ~ 2011/11/14 (月) 公演終了

上演時間:

「魔」。それはよからぬもの。
人と人の「間」にある「魔」。
「天使と悪魔」なんて対立を拒む、ただひたすら「魔」であること。
そんな「魔」を「間」に、昔、男子と女子だった人を一対。
彼女は、「音の足し算」に夢中な女子でした。



『どんな時期であろうと』やる、「魔」にまつわるパ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/10 (木) ~ 2011/11/14 (月)
劇場 APOCシアター
出演 川島潤哉
脚本 川島潤哉
演出 いないよ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/10/01
【前売】 2300円
【当日】 2500円

【前半割引】 2000円

※木曜 19:30、金曜 15:00、19:30 の三回は、
  割引となります。
サイト

http://kotenten.exblog.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「魔」。それはよからぬもの。
人と人の「間」にある「魔」。
「天使と悪魔」なんて対立を拒む、ただひたすら「魔」であること。
そんな「魔」を「間」に、昔、男子と女子だった人を一対。
彼女は、「音の足し算」に夢中な女子でした。



『どんな時期であろうと』やる、「魔」にまつわるパラレルワールド。
・・・みたいなことを、くだらなーくやってみる。



“笑ってください。その先に在る「魔」を、試しに『僕』が一人で背負います。”




自ら発信し、回収する。哀しくも楽しい、新しくも原理的。
フツーノ「一人芝居」モ「二人芝居」モ、オナジデスヨ、オクサン。
川島潤哉による一人演劇の、第四回。
より一層「感覚的」に挑む、笑ってほしい今回のテーマは、『魔』。



※「台本送付サービス」・・・・

事前に台本をお読みになりたい方に、データで台本をお送りします。詳しくは、HPにて。
→只今受付中です。
その他注意事項 座席数が少ないので、お早目のご予約をお待ちしております。
スタッフ 【舞台監督・音響操作】 伊藤淳二
【照明操作】    森田祐吏
【チラシ】   コガ・川島潤哉
【チラシ画】 本井博之
【撮影】    ミノホド
【音楽】    川島潤哉

【当日運営】 田中沙織
【制作】    川島潤哉
【協力】    krei inc.
【企画】    川島潤哉

[情報提供] 2011/08/22 14:32 by ジュヤ

[最終更新] 2012/01/09 22:57 by ジュヤ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ジュヤ

ジュヤ(0)

役者・俳優

基本、一人です

このページのQRコードです。

拡大