歌舞伎・伝統芸能

rakugoオルタナティブvol.8 志らくダブルス

志らくダブルス『江戸の風』

ぴあ

草月ホール(東京都)

2011/10/15 (土) ~ 2011/10/15 (土) 公演終了

上演時間:

落語には、江戸の風が吹いていなければいけない。
落語家・立川志らくが、生涯を賭けて追求するキーワードとして、このところ、機会あるごとに使っている言葉、それが「江戸の風」。「優れた上方落語には江戸の風が吹く」と、志らくがその名を挙げて賞賛した桂雀々。そして、次代を担う若手のホープと認めた春風亭...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/15 (土) ~ 2011/10/15 (土)
劇場 草月ホール
出演 立川志らく、桂雀々、春風亭一之輔
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 6,000円
【発売日】2011/09/03
指定席 3,500円/通し券 6,000円(税込)
サイト

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1137184

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 落語には、江戸の風が吹いていなければいけない。
落語家・立川志らくが、生涯を賭けて追求するキーワードとして、このところ、機会あるごとに使っている言葉、それが「江戸の風」。「優れた上方落語には江戸の風が吹く」と、志らくがその名を挙げて賞賛した桂雀々。そして、次代を担う若手のホープと認めた春風亭一之輔。志らくが、強力なパートナーを得て考える、「江戸の風」というもの。風は、どちらからどちらへ、流れていくのか。


【出演者と演目】
昼の部●立川志らく「立切り」他1席、桂雀々「代書」
    対談「志らくと雀々の落語進化論」
夜の部●立川志らく「浜野矩随」他1席、春風亭一之輔「明烏」
    対談「志らくと一之輔の落語進化論」
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/08/20 04:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/08/20 04:05 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大