ミュージカル

花組 江戸風土記

-山本周五郎作「ちいさこべ」より-

ミュージカル

花組 江戸風土記

小さな花がひらいた

-山本周五郎作「ちいさこべ」より-

宝塚歌劇団

グリーンホール相模大野(相模原市文化会館)(神奈川県)

他劇場あり:

2011/11/03 (木) ~ 2011/11/03 (木) 公演終了

上演時間:

江戸風土記
『小さな花がひらいた』-山本周五郎作「ちいさこべ」より-
脚本/柴田侑宏 演出/中村暁

[解 説]
 山本周五郎の短編小説「ちいさこべ」を舞台化したもので、1971年の初演以来、度々再演されている感動作。度重なる災禍に屈せず、雄々しく生きていく主人公・茂次と、健気に働く...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/03 (木) ~ 2011/11/03 (木)
劇場 グリーンホール相模大野(相模原市文化会館)
出演 蘭寿とむ、蘭乃はな、ほか
作曲
脚本 柴田侑宏、岡田敬二
演出 中村暁、岡田敬二
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 7,000円
【発売日】2011/08/27
S席7,000円、A席5,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/242/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 江戸風土記
『小さな花がひらいた』-山本周五郎作「ちいさこべ」より-
脚本/柴田侑宏 演出/中村暁

[解 説]
 山本周五郎の短編小説「ちいさこべ」を舞台化したもので、1971年の初演以来、度々再演されている感動作。度重なる災禍に屈せず、雄々しく生きていく主人公・茂次と、健気に働く娘や子供たちとの温かい心の交流を描いたミュージカル。


ロマンチック・レビュー
『ル・ポァゾン 愛の媚薬II』
作・演出/岡田敬二

[解 説]
 岡田敬二によるロマンチック・レビューの代表作の一つで、古今東西の愛の逸話で構成した作品。1990年に月組により初演し好評を博し、本年2月には星組により中日劇場で再演。今回は、星組バージョンをベースとし、花組のために一部アレンジして上演
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/08/18 03:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/27 13:18 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大