演劇

双身機関2007年夏公演

第一回岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加作品

演劇

双身機関2007年夏公演

ソラ ハヌル ランギット

第一回岸田理生アバンギャルドフェスティバル参加作品

双身機関

こまばアゴラ劇場(東京都)

2007/07/06 (金) ~ 2007/07/08 (日) 公演終了

上演時間:

80年代以降の小劇場演劇に一時代を築き2003年惜しくも急逝した岸田理生さんが最後に書き下ろした『ソラ・ハヌル・ランギット』。‘ソラ’は空です。‘ハヌル’も韓国語で空です。‘ランギット’もマレー語で空です。つまり「空・空・空」という意味に相成ります。意味や粗筋よりも言葉そのもの、そして言葉から...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/06 (金) ~ 2007/07/08 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 松本信一、砂原かづき、石原愛子、猪塚好章、酒井菜月、小林なつみ、北嶋覚子、碓井秀爾、大竹伸治
脚本 岸田理生
演出 寂光根隅的父
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,300円
【発売日】
一般(前売)3,000円/(当日)3,300円
学生(前売)2,000円/(当日)2,300円

*フェス通し券 12,000円
(フェス参加の全部の演目が1回ずつご覧いただけます)
サイト

http://soushinkikan.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 80年代以降の小劇場演劇に一時代を築き2003年惜しくも急逝した岸田理生さんが最後に書き下ろした『ソラ・ハヌル・ランギット』。‘ソラ’は空です。‘ハヌル’も韓国語で空です。‘ランギット’もマレー語で空です。つまり「空・空・空」という意味に相成ります。意味や粗筋よりも言葉そのもの、そして言葉から生まれる人間や民族の関係・状況が浮き彫りになる不思議な手触りを持った作品です。

この公演は昨年秋のプロデュース公演『カッコー's ネスト』が縁となり実現しました。
演劇をめぐる妄想や大胆な実験が希少になりつつある昨今、理生さんの残した鉱脈と“破壊と創造”この2神=双身の神の顕現が今再び求められている、
そんな気がしています。


演出家 寂光根隅的父
その他注意事項 【TIME TABLE】

7月6日(金)19:00
7月7日(土)19:00
7月8日(日)14:00

整理番号の発行は開演1時間前、開場は開演の30分前です



問合せ:TeamShotWorks

TEL 070-5405-4207

mail r_w_2007@wm.pdx.ne.jp
スタッフ 音楽:新田誠

照明:福井孝子(若尾総合舞台)

衣裳:木場絵理香

音響:角井方浩(shelf)

演出助手:杉本里香

舞台監督:柴田頼克(TeamShotWorks)

宣伝美術:水谷イズル

チラシ写真:構久夫

制作:双身機関・水谷希恵(TeamShotWorks)

制作協力:玉木康晃 玉木千裕 長野由利子 矢野靖人 片山雄一

企画制作:理生さんを偲ぶ会/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場


[情報提供] 2007/06/21 15:35 by ことこ

[最終更新] 2007/10/08 09:50 by YasuhitoYANO

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

YasuhitoYANO

YasuhitoYANO(342)

演出

webサイトをリニューアル制作しました。 htt...

きえ

きえ(0)

名古屋や岐阜の広大な空を毎日見ながら生活している。東京...

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大