光藍社

東京国際フォーラム ホールA(東京都)

他劇場あり:

2012/01/07 (土) ~ 2012/01/08 (日) 公演終了

上演時間:

世界で最も注目されている振付家の一人、ナチョ・ドゥアトが芸術監督に就任して一年、新生レニングラード国立バレエの恒例の来日公演のプログラムは『白鳥の湖』と『海賊』、そして「新春スペシャル・ガラ」。


 『白鳥の湖』と『海賊』は、どちらもレニングラード国立バレエお馴染みの演目だが、今回の日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/07 (土) ~ 2012/01/08 (日)
劇場 東京国際フォーラム ホールA
出演 ペレン、レベデフ、ボルチェンコ、シェミウノフ、サラファーノフ、ほか
演出
振付
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 13,000円
【発売日】2011/08/26
S席 13,000円 A席 11,000円 B席 9,000円 C席 7,000円 D席 5,000円
サイト

http://www.koransha.com/ballet/leningrad_ballet2012/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世界で最も注目されている振付家の一人、ナチョ・ドゥアトが芸術監督に就任して一年、新生レニングラード国立バレエの恒例の来日公演のプログラムは『白鳥の湖』と『海賊』、そして「新春スペシャル・ガラ」。


 『白鳥の湖』と『海賊』は、どちらもレニングラード国立バレエお馴染みの演目だが、今回の日本公演は、両作品とも2009年に世界初演された新版のお披露目となる。

 『白鳥の湖』は、プティパ/イワノフ版を基礎に、プティパの弟子ゴールスキーがボリショイ・バレエに振り付けたヴァージョンを、偉大なバレエダンサーで、また名教師としても有名なアサフ・メッセレルが1956年に復元、それをアサフの甥でもあるレニングラード国立バレエのバレエ・マスター、ミハイル・メッセレルが同バレエ団に伝えた。プティパ/イワノフ版が持つクラシカルな魅力はそのままに、道化が場面をより盛り上げ、キャラクターダンスは、さらに鮮やか。ラストはポジティブ志向のハッピーエンドとなっている。この作品は、2009-2010年のゴールデン・マスク賞(ロシアの有名な舞台芸術の賞)の〔最優秀バレエ作品賞〕、〔最優秀振付家賞(ミハイル・メッセレル)〕、〔最優秀バレリーナ賞(エカテリーナ・ボルチェンコ)〕にノミネートされるなど、ロシアで大いに話題となった。まさに注目の日本初演だ。


<1/7予定キャスト>
ペレン&レベデフ

<1/8 12:00開演 予定キャスト>
ボルチェンコ&シェミウノフ

<1/8 17:00開演 予定キャスト>
ペレン&サラファーノフ
その他注意事項
スタッフ 芸術監督:ナチョ・ドゥアト
演奏:レニングラード国立歌劇場管弦楽団

[情報提供] 2011/08/07 20:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/08 22:39 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大