演劇

青年座・セレクションVol.3

ほととぎす・ほととぎす

0 お気に入りチラシにする

演劇

青年座・セレクションVol.3

ほととぎす・ほととぎす

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2011/08/25 (木) ~ 2011/08/31 (水) 公演終了

上演時間:

明治三十年代の大ヒット小説 徳富蘆花作『不如帰』
劇団新派によって舞台化され、瞬く間に大盛況となった。
不治の病にかかったヒロイン・浪子は、息子・武男を溺愛する姑にいじめられ、
最後には夫婦仲を引き裂かれてしまう。
まるで昼ドラのような愛憎劇は涙を流さずにはいられない。
話題は話題を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

2011年8月25日~31日
青年座劇場で行われる公演のPRです。
ぜひ!!!!

公演詳細

期間 2011/08/25 (木) ~ 2011/08/31 (水)
劇場 青年座劇場
出演 山野史人、魏涼子、高松潤、髙橋幸子、片岡富枝、黒崎照、野々村のん
脚本 宮本研
演出 須藤黄英
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2011/07/20
全席自由
一般 4,000円
学生券 ※当日受付清算のみ 2,500円 (青年座のみ)
サイト

http://www.seinenza.com/performance/selection/3.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治三十年代の大ヒット小説 徳富蘆花作『不如帰』
劇団新派によって舞台化され、瞬く間に大盛況となった。
不治の病にかかったヒロイン・浪子は、息子・武男を溺愛する姑にいじめられ、
最後には夫婦仲を引き裂かれてしまう。
まるで昼ドラのような愛憎劇は涙を流さずにはいられない。
話題は話題を呼び、ついにモデルと言われる片岡中将一家の耳にも入ってきた。
「何だか、小説どころの騒ぎではないらしいのですよ、悪役ぶりが」
怖いもの見たさも手伝って、一家で観劇する事に。
舞台と片岡家の現実が混ざり合い、
奇妙に一致していく『ほととぎす・ほととぎす』
劇団青年座によって1980年「五人の作家による連続公演」の一本として上演。
そして2011年夏、新たなキャストにて上演。

日本全国の女性たちが涙した悲恋物語に隠された真実とは…。
モデルとなった人々の想いとは・・・。

「もうわたし二度と女になんぞ生れはしませんよ」
その他注意事項
スタッフ 装置=根来美咲
照明=中川隆一
音響=堀江潤
衣裳=大井崇嗣
舞台監督=今村智宏
製作=小笠原杏緒
宣伝美術=早田二郎

[情報提供] 2011/07/27 23:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/01 21:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

けけ

けけ(0)

制作

上演時間1時間20分という短い時間で、 笑ってないて...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大