演劇

π第1回公演

流れ去るものはやがてなつかしき

楽屋

0 お気に入りチラシにする

演劇

π第1回公演

楽屋

流れ去るものはやがてなつかしき

π

ザムザ阿佐谷(東京都)

2011/09/02 (金) ~ 2011/09/04 (日) 公演終了

上演時間:

本作は1977年、日本を代表する劇作家・清水邦夫氏が41歳のときに著した戯曲です。木冬社の第2回公演で上演され、その後も繰り返し再演されたほか、近年では2009年に演出:生瀬勝久、出演:渡辺えり、小泉今日子、村岡希美、蒼井優で上演されるなど、今日に至るまで多くの演劇人が愛してやまない名作に数え...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/02 (金) ~ 2011/09/04 (日)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 小沼朝生、稲田恵司、中津原智子、浅賀さくら
脚本 清水邦夫
演出 小沼朝生
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/07/16
前売・当日 2500円
高校生以下1000円
サイト

http://314-info.blogspot.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本作は1977年、日本を代表する劇作家・清水邦夫氏が41歳のときに著した戯曲です。木冬社の第2回公演で上演され、その後も繰り返し再演されたほか、近年では2009年に演出:生瀬勝久、出演:渡辺えり、小泉今日子、村岡希美、蒼井優で上演されるなど、今日に至るまで多くの演劇人が愛してやまない名作に数えられています。

清水氏は、某劇場の楽屋の壁にアイロンの焼けた後がくっきりつけられているのを見て本作を思いついたそうです。「そんな強い焼け跡は誰かが何者かに呪詛の炎を燃やして押しつけなければつかない。そんな想像が働いてしまった。女優の楽屋は出入りが不自由な場所だからこそ、想像力がかきたてられる」と記しています。

本作の輝きは色あせることがありませんが、発表から30年以上を経た現在、現代の世相にそぐわない設定・表現もあるため、当劇団では原作の完成度を損なうことなく大幅な改訂を加えました。女優4人だけの作品ですが、うち2人を男優が演じるなど、演出上の工夫も施しています。

往年の「楽屋」ファンの皆様からお叱りを受けるのは承知の上で、本作を「古典」の名作とみなし、2011年版の「楽屋」をお届けします。どうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/07/22 10:58 by π

[最終更新] 2011/09/08 09:46 by π

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

さくら

さくら(0)

浅賀さくら

さくら

さくら(0)

出演 浅賀さくら

π

π(0)

脚色・演出・出演 小沼朝生

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大