おやすみ、かあさん

0 お気に入りチラシにする

メジャーリーグ

りゅーとぴあ能楽堂(新潟市民芸術文化会館)(新潟県)

他劇場あり:

2011/12/06 (火) ~ 2011/12/07 (水) 公演終了

上演時間:

「誰もが共有できる夢の体験」
ジェシーは40歳になる離婚した女性。
20歳を過ぎた息子がいるが、ぐれて家には寄りつかず、金をせびりに時たま現れるくらい。
今は母親と二人暮らし。
時々テンカンの発作が起きたりして、身体の調子もあまりよくない。
人生は嫌なことが多く、楽しいことは殆どない...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/06 (火) ~ 2011/12/07 (水)
劇場 りゅーとぴあ能楽堂(新潟市民芸術文化会館)
出演 白石加代子、中嶋朋子
脚本 マーシャ・ノーマン
演出 青山真治
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.majorleague.co.jp/stage/nightmother/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「誰もが共有できる夢の体験」
ジェシーは40歳になる離婚した女性。
20歳を過ぎた息子がいるが、ぐれて家には寄りつかず、金をせびりに時たま現れるくらい。
今は母親と二人暮らし。
時々テンカンの発作が起きたりして、身体の調子もあまりよくない。
人生は嫌なことが多く、楽しいことは殆どない。
母親は60歳。伴侶はもういない。
よくしゃべり、よく食べ、都合の悪いこと、嫌なことは見て見ぬふりをし。耳を貸さない。

時計は、夜の8時半を指している。
舞台には、母と娘の二人だけ。
夕飯の後片付けが終わり、それから二人の細々とした日常的な時間があり、
10時になると、娘は「おやすみ、かあさん」と言って自分の寝室に入る。
ただその夜は一つだけ違ったことがある。
娘は「あること」を実行しようと決意している。
そして母親はそれを知ることになる・・・娘自らの告白によって

誰もがそう思っていても、実行はしない。
しかし、彼女は今、それを実行しようとしている。
膨大な思考の果てにたどり着いた、ひとつの結論。
これ以上、先に行くと、自分に対しての保証がない。
もっと嫌な自分を見てしまう。
最後の気力を振り絞って、それを実行する。
自分自身と愛と尊厳のためのぎりぎりの選択。
彼女は残された時間の中で最善を尽くそうとする。
その中で彼女は自分のイメージを燃やし尽くす。

この芝居には一見、ごく日常的でどこまでもリアルに描かれている。
この芝居を作者のマーシャ・ノーマンは、単なる一個人の特殊な出来事とみなさずに、
人間共有の夢想として体験してほしい」と語っている。
そして、今回の公演ではまさにその「誰もが共有できる夢の体験」として上演してみたい。
その他注意事項
スタッフ 訳 : 酒井洋子
美術:青木拓也
舞台監督:北条 孝(ニケステージワークス)
照明:倉本泰史(APS)
音響:内藤勝博(SEシステム)
衣裳:藤井百合子(東京衣裳)
演出助手:平井由紀
制作:ジェイ.クリップ
企画:笹部博司
企画・製作:メジャーリーグ・ジェイ.クリップ

[情報提供] 2011/07/21 21:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/20 12:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大