谷桃子バレエ団

新国立劇場 中劇場(東京都)

2011/09/22 (木) ~ 2011/09/23 (金) 公演終了

上演時間:

谷桃子バレエ団公演 創作バレエ・13
~女流振付3作品による~
●髙部尚子/フラ*ワラ
ベッリーニ作曲「Night Shadow」に乗せて織りなすシンフォニックバレエ。バレエのムーブメントにおける起伏と音楽の狭間で、26名のダンサーがどれだけ融合できるのか...。色とりどりの花々を連想す...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/22 (木) ~ 2011/09/23 (金)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
演出 髙部尚子、木佐貫邦子、日原永美子
振付 髙部尚子、木佐貫邦子、日原永美子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 7,000円
【発売日】
全指定席
S\7,000  A\5,000  B\3,500
サイト

http://www.shin-en.jp/schedule0922/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 谷桃子バレエ団公演 創作バレエ・13
~女流振付3作品による~
●髙部尚子/フラ*ワラ
ベッリーニ作曲「Night Shadow」に乗せて織りなすシンフォニックバレエ。バレエのムーブメントにおける起伏と音楽の狭間で、26名のダンサーがどれだけ融合できるのか...。色とりどりの花々を連想するように出演者ひとりひとりの多面性を浮かび上がらせたい。

●木佐貫邦子/T-scab
若いバレエダンサーの肉体を通して、個の動きや個の独自性を追求する と共に、肉体の発する熱エネルギーが他者や空間を越境する『様』を表出させたい。

●日原永美子/オディールの涙
オデットとオディール、光溢れる世界と闇の世界。名作「白鳥の湖」に存在する二つの世界の対比から、悪魔の娘オディールの、誰も知らない心の奥底を描き出し、新たな物語を紡ぐ。

その他注意事項
スタッフ 総監督:谷 桃子
芸術監督:望月則彦
照明:足立恒(インプレッション)
音響:矢野幸正(アートスタジオY's)
舞台監督:福島 章

[情報提供] 2011/07/16 04:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/25 21:28 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大