川崎市アートセンター

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川県)

2011/09/09 (金) ~ 2011/09/11 (日) 公演終了

上演時間:

サイモン・マクバーニー(テアトル・ド・コンプリシテ)との共同演出で、
新境地をひらき話題を呼んだ、ノーラ・レイの代表作が、待望の初来日!
クラウニング、マイム、マジック、ダンスなどを織り交ぜたコミカルなフィジカル・シアター(※)。
※言葉を使わず、身体の動きを通して表現するパフォーマンス...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/09 (金) ~ 2011/09/11 (日)
劇場 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
出演 ノーラ・レイ
脚本 ノーラ・レイ
演出 ノーラ・レイ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,500円
【発売日】2011/07/20
(全席自由・日時指定・税込)
(前売) 一般:4,000円 ユース:3,000円
(当日) 一般:4,500円 ユース:3,500円
高校生以下:(前売・当日共)2,000円
※未就学のお子様のご入場はご遠慮ください。
※ユース(27歳以下)、高校生以下は証明書をご提示ください。
サイト

http://kawasaki-ac.jp/theater-archive/110909/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 サイモン・マクバーニー(テアトル・ド・コンプリシテ)との共同演出で、
新境地をひらき話題を呼んだ、ノーラ・レイの代表作が、待望の初来日!
クラウニング、マイム、マジック、ダンスなどを織り交ぜたコミカルなフィジカル・シアター(※)。
※言葉を使わず、身体の動きを通して表現するパフォーマンス。
1603年の冬。死期迫る中、忠臣を前に15時間も凛と立ち続けたというエリザベス1世の逸話から想を得た『エリザベス・ラストスタンド』。
恐がりでちょっとまぬけなベティおばあちゃんは、いつも自分の居間で独りぼっち。そんな彼女に、とても奇妙なことが起こり始める。どうやら、高貴なゴーストらしい何かが、彼女に忍び寄っているようだ。
それは、誰? 女王? それとも…。

イギリスが誇る“道化師(クラウン)の女王”の華麗なる舞台
その他注意事項 ★=終演後アフタートークあり
9日 ゲスト:石井美樹子(神奈川大学教授 イギリス演劇研究)
10日 ゲスト:RONE&Gigi(クラウン劇団 “OPEN SESAME”)
スタッフ 共同演出:サイモン・マクバーニー(テアトル・ド・コンプリシテ)
舞台美術:マシュー・リダウト
音楽:ピーター・ウェスト
宣伝美術:青木正(Thomas Alex)
宣伝イラスト:朝倉めぐみ
監修:石井美樹子
制作:丑山佐枝子(ANJ)
制作統括:小島寛大(ANJ)

[情報提供] 2011/07/15 21:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/11 17:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大