演劇

KYOTO EXPERIMENT 2011 公式プログラム

キュピキュピ『伝統芸能バリアブル』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2011/10/16 (日) ~ 2011/10/16 (日) 公演終了

上演時間:

映像、演出を手がける石橋義正、造形作家の木村真束、グラフィックデザイナーの江村耕市の3人で構成された、映像&パフォーマンスユニット「キュピキュピ」。京都を中心に、パリやロンドンなど国内外で映像やインスタレーション作品を発表してきた。
そんな彼らが、伝統芸能の新たな魅力を発信する「京都創生座」...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/16 (日) ~ 2011/10/16 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 能楽-青木涼子、日本舞踊-尾上京、花柳双子、長唄三味線-杵屋勝欣次、杵屋勝浩菜、杵屋浩扇、上七軒さと幸、浪曲-春野恵子、一風亭初月(曲師)、和太鼓-田原由紀、大谷加奈子、依田美津穂、小林杏里、井上朋美(打打打団天鼓)、ダンス-高原伸子・高橋千佳・皆川まゆむ(キュピキュピダンサーズ)
脚本
演出 石橋義正
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/08/08
3,000円(一般)
2,500円(ユース・学生)
1,000円(高校生以下)
※全席指定
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/soseiza/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 映像、演出を手がける石橋義正、造形作家の木村真束、グラフィックデザイナーの江村耕市の3人で構成された、映像&パフォーマンスユニット「キュピキュピ」。京都を中心に、パリやロンドンなど国内外で映像やインスタレーション作品を発表してきた。
そんな彼らが、伝統芸能の新たな魅力を発信する「京都創生座」の番外編として、伝統芸能に生きる女たちのために新作を送り出す。
昨年の大規模な個展での興奮冷めやらぬ中、浪曲や日本舞踊、和太鼓といった芸を通して歴史を身体の奥深くに織り込んだ女性たちとの“逢瀬”は、いかなるサイケデリックな反応を起こすのか!?
その他注意事項 ※未就学児入場不可

ポスト・パフォーマンストーク
★10月16日(日)17:00終演後
スタッフ 演出・構成:石橋義正
長唄監修:杵屋勝七郎

テクニカルディレクター:關秀哉(株式会社 流)/舞台監督 串本和也(株式会社 流)/ビジュアルデザイン:江村耕市/映像:キュピキュピ/美術製作ディレクション:木村真束/振付:高原伸子/ヘアメイク:針尾清光/衣装デザイン:舩引亜樹/衣装製作:岩崎晶子/3D映像製作:株式会社ギャラクシーオブテラー/特殊メイク:JIRO/自由廊/特殊効果:伊井麻登/照明:川崎渉(株式会社 流)/サウンドデザイン:丸山正浩(創影コーポレーション)/LED照明:藤本隆之/制作:須知聡子

[情報提供] 2011/07/12 01:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/06 16:39 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大