舞踊・バレエ

KYOTO EXPERIMENT 2011 公式プログラム

笠井叡『血は時別のジュースだ。』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2011/10/10 (月) ~ 2011/10/10 (月) 公演終了

上演時間:

- - - - - - - - -
「言葉が血肉となり、その身体こそが作品となる」
日本の古代史『古事記』に描かれた黄泉の国をモチーフに、
ダンスの始源に迫る衝撃作!
“Words become flesh and blood, and these are made into a wo...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/10 (月) ~ 2011/10/10 (月)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 笠井叡、笠井禮示、寺崎礁、定方まこと、鯨井謙太郒、大森政秀
演出 笠井叡
振付 笠井叡
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2011/08/08
3,500円(一般)
3,000円(ユース・学生)
1,000円(高校生以下)
※全席指定
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/akira_kasai/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 - - - - - - - - -
「言葉が血肉となり、その身体こそが作品となる」
日本の古代史『古事記』に描かれた黄泉の国をモチーフに、
ダンスの始源に迫る衝撃作!
“Words become flesh and blood, and these are made into a work of art.”
Based on the underworld written in the Kojiki, the Japanese record of ancient chronicles,
Kasai startlingly approaches the primitive roots of dance!
- - - - - - - - -

世界に舞踏の名を知らしめ、現在も第一線で活躍する笠井叡が、《花粉革命》で衝撃を与えた春秋座の舞台に、8年ぶりに戻ってくる。
1960年代に若くして土方巽、大野一雄と親交を深め、数多くの舞踏公演を行うと同時に、「天使館」を主宰し、山田せつ子や山崎広太はじめ多くの舞踏家を輩出してきた笠井。
現在に至るまで50年もの間トップランナーとして走り続ける舞踏界の“怪物”の新作は、日本の古代史『古事記』に描かれた黄泉の国をモチーフに、「言葉が血肉となり、その身体こそが作品となる」というダンスの始源に迫る衝撃作。


血は特別のジュースだ。
黄泉の国にまで落ちていったイザナミの尊は、言葉の吸血姫である。
「カラダが作品である」という宇宙的なメビウスの輪を紡ぐために、カラダの筋肉が日本語の父声と母声によって、編みあげられながら、言葉が肉となり、日々、虚と実の皮膜を、生み出し続けるしかないのだろう。
姫は1日,1000人の血を飲むというのだから。
(笠井叡)
その他注意事項 ※未就学児入場不可

ポスト・パフォーマンストーク
★10月10日(月・祝)
終演後 ゲスト:萩尾望都(漫画家)
スタッフ 演出・構成・振付:笠井叡
舞台監督:松下清永(松下清永+鴉屋)/音響:角田寛生/照明:森下泰(ライトシップ)/制作:花光潤子/

[情報提供] 2011/07/12 01:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/06 16:49 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大