演劇

群盗

われに自由をしからずんば死を・・・。

演劇集団 砂地

荻窪メガバックスシアター(東京都)

2007/07/27 (金) ~ 2007/07/29 (日) 公演終了

上演時間:

シラーの処女戯曲である「群盗」は、自由と正義を求めて燃え上がる息吹を鮮烈に描きドイツ文学の中のいわゆるシュトゥルム・ウント・ドラング時代における代表作の一つとなった作品であるが、今回の上演では、原作を刈り込み登場人物にいくつかの設定を加え、現代の日本において広がりつつある所得格差とその相克をモ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/27 (金) ~ 2007/07/29 (日)
劇場 荻窪メガバックスシアター
出演 浦川拓海、鈴木拓朗、石田妙、鈴木康平、石川博昭、池内亮太、池田仁徳、芝田遼、嶋拓哉、本山三火、中濱太郎
脚本 フリードリッヒ・シラー
演出 船岩祐太
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2007/05/01
前売 2,500円
当日 3,000円
ペア 4,000円(前売のみ)
サイト

http://www.sunachi.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 シラーの処女戯曲である「群盗」は、自由と正義を求めて燃え上がる息吹を鮮烈に描きドイツ文学の中のいわゆるシュトゥルム・ウント・ドラング時代における代表作の一つとなった作品であるが、今回の上演では、原作を刈り込み登場人物にいくつかの設定を加え、現代の日本において広がりつつある所得格差とその相克をモチーフとし、未来に対する絶望から暴力行為に突き進む若者像を描きながら、同時にエスタブリッシュメントに対しては何の疑問もたなくなってしまった現代の若者を活写したい。
その他注意事項
スタッフ 原作 フリードリッヒ・シラー
構成・演出 船岩祐太
美術    倉蔵
舞台監督  ガー子
演出助手  神志名潤
照明    板坂さゆり
製作    佐藤庸
宣伝美術  小笠原玄
カンパニースタッフ 小池陽子  近藤大介

[情報提供] 2007/06/14 18:40 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/06/14 18:49 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

コンドウダイスケ

コンドウダイスケ(52)

ウェブ制作スタッフとして参加しております。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大