演劇

KYOTO EXPERIMENT 2011 公式プログラム

第1部「至福千年紀が近づく」/ 第2部「ペレストロイカ」

KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』

デザイン:加藤賢策(東京ピストル)

0 お気に入りチラシにする

演劇

KYOTO EXPERIMENT 2011 公式プログラム

KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』

第1部「至福千年紀が近づく」/ 第2部「ペレストロイカ」

KUNIO

京都芸術センター(京都府)

2011/09/23 (金) ~ 2011/09/25 (日) 公演終了

上演時間:

【公演スケジュール】
9月23日(金・祝) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]
9月24日(土) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]
9月25日(日) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]

《アメリカ演劇史に残る大作を完全上演!》
1...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/23 (金) ~ 2011/09/25 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 田中遊、澤村喜一郎(ニットキャップシアター)、坂原わかこ、田中佑弥(中野成樹+フランケンズ)、松田卓三(尼崎ロマンポルノ)、池浦さだ夢(男肉duSoleil)、四宮章吾、森田真和(尼崎ロマンポルノ)
脚本 トニー・クシュナー
演出 杉原邦生
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,500円
【発売日】2011/08/08
【1日通し券】 一般 4,500円/学生&ユース 3,500円 (前売のみ)
サイト

http://www.kunio.vis.ne.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【公演スケジュール】
9月23日(金・祝) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]
9月24日(土) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]
9月25日(日) 12:00 [第1部] / 17:00 [第2部]

《アメリカ演劇史に残る大作を完全上演!》
1993 年、トニー賞やピュリツァー賞に輝き、ロンドンのナショナル・シアターが「二十世紀の最も偉大な戯曲10本」のひとつにも選んだ、トニー・クシュナー作『エンジェルス・イン・アメリカ』。
「国家的テーマに関するゲイ・ファンタジア」という副題も持つ本作品は、エイズ/同性愛/政治/宗教/人種差別など 1980年代アメリカのアクチュアルな社会問題をリアリズムとファンタジーが交錯する中で描いた傑作。
合計上演時間が7時間を越えるアメリカ演劇史を代表する大作の完全上演に、いまKUNIOが挑みます!

【あらすじ】
1985年ニューヨーク、レーガン大統領の時代。連邦控訴裁判所の首席書記官ジョーは、法曹界の黒幕ロイ・コーンからワシントンで司法省の仕事をしないかと持ちかけられる。しかし、ジョーは妻ハーパーを気遣い返事を濁す。ハーパーは夫への不満から精神安定剤を飲み、現実と幻想の世界を行き来している。ジョーと同じ裁判所のワープロ係、ユダヤ人でゲイのルイスは、恋人プライアーからエイズである事を告白される。エイズへの拒絶反応からプライアーのもとを去ろうと考えるルイスは、ある日裁判所のトイレで出会ったジョーに接近していく。実は、ジョーも自身の同性愛的嗜好に気づいてはいるが、同性愛を認めない厳格なモルモン教信者である彼はその事実を隠し、苦悩しつづけていた。同じく同性愛者であることを隠し続けてきたロイ・コーンは、主治医からエイズであることを宣告される。さらに、ジョーから同性愛者であると告白をうけた母ハンナは家を売り払い急遽上京。一方、プライアーのもとには突然天使が現れ、彼には使命があると告げる―。
その他注意事項 ★9月24日(土) 17:00 [第2部] 終演後にポスト・パフォーマンストークを開催いたします。

*16歳未満入場不可。
*ユース・大学生・高校生以下の方は当日受付にて証明証をご提示ください。
*演出の都合上、開演後の入場制限をさせていただく場合がございます。
スタッフ 翻訳=吉田美枝

美術=杉原邦生
舞台監督=西田聖
照明=魚森理恵
音響=齋藤学
映像=ヨシダホーセー
衣裳=植田昇明
演出助手=三ツ井秋
美術部=楠海緒、松本ゆい
宣伝美術=加藤賢策(東京ピストルズ)
票券=安部祥子(righteye)
制作=土屋和歌子

[情報提供] 2011/07/08 21:25 by ことら

[最終更新] 2011/08/27 00:10 by ツチヤ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ツチヤ

ツチヤ(0)

制作を担当しています。

ことら

ことら(0)

票券です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大