演劇

劇団野の上第三回公演

不識の塔

デザイン:藤本一喜

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団野の上第三回公演

不識の塔

劇団野の上

アトリエ・グリーンパーク(青森県)

他劇場あり:

2011/09/02 (金) ~ 2011/09/04 (日) 公演終了

上演時間:

明治の終わり。津軽は石目屋村(いしめやむら)の山中に、高さ20メートル幅6メートルのレンガ造りの巨大な塔が突如として現れた。施工主はその辺り一帯を開拓した権藤主(ごんどうつかさ)。主は開拓記念として自らその塔を建てた。大正の中頃、自らの死期を悟った主は、塔に身内を集め最後の願いを託すのだった・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/02 (金) ~ 2011/09/04 (日)
劇場 アトリエ・グリーンパーク
出演 乗田夏子、藤本一喜、鳴海まりか、山田百次、三上晴佳(渡辺源四郎商店)、佐々木英明(特別出演)
脚本 山田百次
演出 山田百次
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/07/12
予約・前売2300円
当日2500円
学生(予約・前売・当日)1000円
サイト

http://gekidan-nonoue.art.officelive.com/default.aspx

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治の終わり。津軽は石目屋村(いしめやむら)の山中に、高さ20メートル幅6メートルのレンガ造りの巨大な塔が突如として現れた。施工主はその辺り一帯を開拓した権藤主(ごんどうつかさ)。主は開拓記念として自らその塔を建てた。大正の中頃、自らの死期を悟った主は、塔に身内を集め最後の願いを託すのだった・・・。
~津軽に現存する塔と実在した人物をモデルに、劇団野の上が描く予測不能な男と女のお話~。
その他注意事項 無料公開ゲネあり。
ポストパフォーマンストークあり。
いずれも詳細はWebで。
スタッフ 【舞台美術】鈴木健介(青年団) 【照明】高野実華(弘前大学劇研マップレス) 【相談役】赤刎千久子 【制作】劇団野の上

《東京公演》
【主催】(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 【企画制作】劇団野の上/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 【技術協力】鈴木健介(アゴラ企画 【制作協力】木元太郎(アゴラ企画) 【芸術監督】平田オリザ

【協力】青年団・渡辺源四郎商店・弘前大学劇研マップレス・劇団夢遊病社・青森大学演劇団健康・青森山田中学高等学校演劇専攻科・夏井澪菜

[情報提供] 2011/07/07 17:00 by ノリタ

[最終更新] 2012/01/08 11:48 by ノリタ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

ノリタ

ノリタ(0)

出演します 理性を忘れずがんばります!

ノリタ

ノリタ(0)

出演しています! 野生のチカラ信じてます

ナルミ

ナルミ(1)

しゅつえんさせていただいております候。

このページのQRコードです。

拡大