イプセンを上演する会

中板橋 新生館スタジオ(東京都)

2011/09/09 (金) ~ 2011/09/11 (日) 公演終了

上演時間:

ノルウェー北部にある、 小さなフィヨルド町が舞台。

父親と共に灯台で暮らしていたエリーダは、 父の死後、
妻に先立たれた老医師ヴァンゲルと結婚する。
結婚後、ヴァンゲルとその先妻の二人の娘と共に、
何不自由ない生活を送っていたはずのエリーダだったが、
彼女の心は常に孤独と絶望...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/09 (金) ~ 2011/09/11 (日)
劇場 中板橋 新生館スタジオ
出演 野村尊司、野村裕美、伊藤佳寿子、細江健介、黒柳安弘、柏文麻、月尾由佳、山崎永之、望月淳
脚本 イプセン
演出 花島宣人
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売・当日とも:3000円 学生:2500円
サイト

http://www.ibsenkai.com/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ノルウェー北部にある、 小さなフィヨルド町が舞台。

父親と共に灯台で暮らしていたエリーダは、 父の死後、
妻に先立たれた老医師ヴァンゲルと結婚する。
結婚後、ヴァンゲルとその先妻の二人の娘と共に、
何不自由ない生活を送っていたはずのエリーダだったが、
彼女の心は常に孤独と絶望に満ちていた。

エリーダには、かつて結婚を約束していた男がいた。
その本当の名前すら知らない"見知らぬ男"は、彼女に
”必ず戻って来る”と言い残し彼女の前から姿を消した。

男がエリーダのもとを去って10年が過ぎたある夏の日、
その"見知らぬ男"が不意に彼女の前に現れる。
10年前にかわした約束を果たす為に‥

ヘンリック・イプセン後期の作品の中でも、
日本ではあまり上演されることのない
"隠れた最高傑作"とも評される作品。

人間の尊厳と人を愛することの難しさをテーマに描かれた「海の夫人」。
どうぞご期待下さい。
その他注意事項 【タイムスケジュール】
9/9(金) 14:00 / 19:00
9/10(土) 13:30 / 18:30
9/11(日) 14:00

◎開場は開演の30分前です。
スタッフ 【訳】毛利三彌
【制作】西田正
【美術】花島宣人
【照明】村上みゆき
【協力】アクターズ・ジム
【後援】ノルウェー大使館

[情報提供] 2011/07/02 12:27 by ブラックバニー

[最終更新] 2012/01/25 00:15 by ブラックバニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大