演劇

天体望遠鏡第10回公演

楽園ラジオ

デザイン:川辺智子

0 お気に入りチラシにする

演劇

天体望遠鏡第10回公演

楽園ラジオ

天体望遠鏡

盛岡劇場 タウンホール(岩手県)

2011/09/10 (土) ~ 2011/09/11 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ

2013年世界はあっけなく滅亡した。

残った男女、緑色の男、ブサイクなDJ、ベランダの少女。

叶わない呪文。届かない叫び。誰もいない星。

過去と現在をごちゃまぜにしながら、出会うはずのない彼らが「繋がる」、僕たちの、人類の「秘密」が明らかになる。



...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/10 (土) ~ 2011/09/11 (日)
劇場 盛岡劇場 タウンホール
出演 雪ノ浦光佑、及川和善、佐々木貴恵、清水みゆき、及川剛、中村剛造(劇団マーブル局)
脚本 川辺健
演出 川辺健
料金(1枚あたり) 700円 ~ 1,200円
【発売日】2011/06/22
一般1,200円、学生以下700円
(前売りはいずれも200円引きとなります)
サイト

http://www.h2.dion.ne.jp/~tentai/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ

2013年世界はあっけなく滅亡した。

残った男女、緑色の男、ブサイクなDJ、ベランダの少女。

叶わない呪文。届かない叫び。誰もいない星。

過去と現在をごちゃまぜにしながら、出会うはずのない彼らが「繋がる」、僕たちの、人類の「秘密」が明らかになる。



解説

2001年に旗揚げした天体望遠鏡は、今年で10年目を迎えます。

これまで、金属バット事件、小学校乱入事件等の社会を騒がせた実際の事件から着想を得、「本当はこうであったらいい結末」を付け加える作品を多く発表してきました。

節目である今年は、2008年に起こった「あの事件」と滅亡してしまったこの星を、これまでよりも「少し不思議」で、10年分の壮大さ+αで描きます。


そしておしまいに、「人類の秘密」を明かします。


誰も、僕の知りたいことを教えてくれないから、僕が自分で語ります。「何か」みたいに、あいまいにせず、明確に答えを提示します。


公演場所は岩手県です。地名聞いただけで、僕ならがっかり感漂います。東北の片田舎で、いったい何が出来るのか?

でも、イメージする力、何かがこうなったらいいという思いは持っています。どこでもそれは可能であると、限りがあるとするならば、それは僕自身にあり、地名は関係ないと、今は言えます。それを証明するお話にします。

チケットプレゼント実施中。

もし興味のあるお客様、いらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください。

皆様のご来場を心からお待ちいたしております。


天体望遠鏡代表 川辺健



※劇団HPでは過去公演台本、映像作品を公開しています。興味のある方はそちらもぜひ、のぞいてみてくさいね…









その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/06/23 14:32 by カワベ

[最終更新] 2012/01/19 13:42 by カワベ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

カワベ

カワベ(9)

脚本 演出

作演出のカワベです。10年目の天体望遠鏡、ご期待ください。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大