演劇

リオフェス2011参加作品

青蛾館<トランスミッション プロジェクト>第1弾 !!

演劇

リオフェス2011参加作品

1999年の夏休み

青蛾館<トランスミッション プロジェクト>第1弾 !!

青蛾館

こまばアゴラ劇場(東京都)

2011/07/10 (日) ~ 2011/07/13 (水) 公演終了

上演時間:

青蛾館がトランスミッションプロジェクトとしてセレクトした作品が、岸田理生の幻の映画シナリオ「1999年の夏休み」である。80年代、90年代の語り継がれるべき作品に焦点を置き様々な場所や演出家を招き、小劇場の光り輝く時代の舞台を21世紀の若者のエネルギーで表現できるビジョンを再現すべく企画。その...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/10 (日) ~ 2011/07/13 (水)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 伊東香穂里、佐久間咲斗、松永健資、高田晃宏、清水ゆり、神田正美、点滅、小林桂太、吉田朋玄、高橋祐子、野口和彦
脚本 岸田理生
演出 野口和彦
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売・当日ともに 一般3500円 学生2500円
(7/10プレビュー公演のみ一般3000円 学生2000円)
サイト

http://b.minx.jp/u/free.php?id=seiga&cn=24&dn=1&p=1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 青蛾館がトランスミッションプロジェクトとしてセレクトした作品が、岸田理生の幻の映画シナリオ「1999年の夏休み」である。80年代、90年代の語り継がれるべき作品に焦点を置き様々な場所や演出家を招き、小劇場の光り輝く時代の舞台を21世紀の若者のエネルギーで表現できるビジョンを再現すべく企画。その第一弾として岸田理生の生前の願い事でもあった少年劇というものにトライいたします。紫の美学を持ち合わせた野口と、若者たちの沸点が皆様にお目にかかれることを光栄に思います。
その他注意事項
スタッフ 音楽:落合敏行 
美術:野村直子 
衣装:竹内陽子 
照明:正村さなみ(ライズ) 
音響:飯塚ひとみ 
舞台監督:田中新一(東京メザマシ団) 
宣伝美術:野村直子 福田真一

[情報提供] 2011/06/22 15:18 by tetorapack

[最終更新] 2012/01/08 11:06 by tetorapack

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

イタチ屋

イタチ屋(13)

制作

当日運営です。よろしくお願い致します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大